肌をケアするためにも背中脱毛はオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いわゆる「女子力」には色々なことが含まれていますが、肌をきれいに保つことも大事なファクター。日夜熱心に肌のお手入れをすることで得られる美しさは他には代えがたいものです。
肌の管理はちょっとでも怠けるとシミやくすみといった肌トラブルにつながるため、まるで真剣勝負のように手が抜けません。

しかし、抜かりなく全身の肌の手入れをおこなっている人でも、つい忘れてしまうパーツがあります。

それが「背中」です。

背中というのは自分の視覚に入るものではないので、そのコンディションを毎日チェックすることが困難です。やはり目に入らないものには管理が行き届かないので、どうしても手入れすることを忘れてしまいます。

特に面倒なのはムダ毛の存在です。ケアをしないで放置しておくと、知らないうちに背中一面にはびこっていて、改めて確認した時に驚くことになります。

そうなっても「背中なんて服で隠れているから、別に放っておいても構わない」という女性もいるかもしれません。

ただそんな人でも、もし結婚式をあげるとしたら事情が異なってきます。一世一代の晴れの舞台ということで、精一杯キレイに着飾りたいでしょう。背中を大胆に露出したドレスを着たくなるかもしれません。

式の準備が大詰めになった時に背中のコンディションが悪化していることがわかったら、急いでムダ毛のケアをすることになります。しかしそうなると日数が不足しているため、ケアの方も中途半端になりがちです。

肌のコンディションが完全でないために、好みのデザインのドレスが着られないのでは、生涯唯一の式に悔いが残ることになります。そんな事態にならないためにも、日頃から背中のお手入れをしておくことが大切です。

ただ背中のムダ毛を自分で剃ったり抜いたりするのは大変なので、どうしてもプロのそろったサロンやクリニックで脱毛してもらうことになります。

最近は脱毛もすっかり盛んになり、施術してもらう人もグッと増えています。タレントを使った電車内の広告やテレビのCMのせいで、脱毛に関心のない人でも、何軒かのサロンや医療クリニックの名前は馴染みになっているくらいです。

そうはいっても、いざサロンやクリニックに出かけるとなると、気乗りがしない女性も多いでしょう。
あるネットでのアンケートだと、「1度脱毛を経験したい」と思うものの、費用や痛みへの不安が先立つせいで施術へ踏み切れない、という人がかなりいるようです。

そこで、このページを立ち上げてみました。背中脱毛の施術料、現行の脱毛方法、施術で得られるメリットなど、様々なトピックを初心者向けに解説していこうと思います。

最初に知りたい背中脱毛の料金相場

脱毛しようかどうか迷っている時、まず調べるのはその費用でしょう。

サロンとクリニックとでは脱毛が完了するまでの施術回数、そして脱毛方式にも差があるので、それぞれの料金も違ってきます。

・脱毛サロンの場合

ほとんどの脱毛サロンでは、パーツ別の施術範囲に「背中上部」と「背中下部」という項目があり、それぞれ1回の施術が5,000円くらいになっています。つまり背中全体を脱毛する際は、合計で約10,000円必要と考えていいでしょう(もちろんサロンや施術内容によって、費用には幅があります)。

なお脱毛というのは1〜2回では意味がありません。無毛状態を維持するには長期に渡って施術を継続する必要があります。

サロンで背中の脱毛してもらう場合、毛を減らす程度に発毛を抑えるには6〜11回くらい、完璧に無毛状態にするには12回以上施術する必要があります。
つまり、総額で最大120,000万円ほど要るわけです。

ただし、サロンではよくキャンペーンを実施しているので、それよりはもっとリーズナブルに脱毛ができることも多くなっています。

あくまで上記の金額は目安だと考え、無料カウンセリングの時にスタッフと相談し、自分に合ったプランを選ぶようにしましょう。

・医療脱毛クリニックの場合

クリニックで背中脱毛をおこなう場合、1回15,000円くらいが相場です。背中の上下セットが標準で、これに「えりあし」がプラスできるところもあります。

施術回数は、サロンよりもずっと少なくてすみます。もちろん個人差はあるにせよ、早い人なら4〜5回で毛の本数が減ってきます。完璧にツルツルにしたい時は、8回コースを選ぶのがいいでしょう。

ということで、クリニックでの費用は、15,000円×8回で、およそ120,000円となります(つまりサロンと変わりません)。

ただクリニックに関しては、使われるマシンや施術内容によって料金に相当な差がでますから、各公式サイトで料金を丹念にチェックすることが大事です。

これまでの情報をまとめてみると、

・脱毛サロンの場合

1回……10,000円/脱毛完了(12回)……120,000円

・医療クリニックの場合

1回……15,000円/脱毛完了(8回)……120,000円

というのが相場のようです。

背中は脱毛の効果があがりにくい?

実は背中は、脱毛の効果が出にくい部位とされています。それは背中のムダ毛が、他の部位より色が薄いからです。

「なぜ色が薄いと効果が出にくいの?」と思われるでしょうが、それは現行の脱毛方式と深い関係があります。

以下、サロンとクリニックで導入されているマシンの紹介をしながら、その理由を述べていきます。

現在、サロンで最もポピュラーなのは、IPL脱毛という方式の機器です。

この機器は、IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を肌に当て、発毛を妨げます。もともとは「フォトフェイシャル」(くすみ、シミなどをケアする)用に開発されたもので、ずっとエステで使われてきました。

しかし、「フォトフェイシャルを続けていると毛が生えなくなった」という顧客が多かったため、改めて実験をおこなってみたところ、発毛部位を衰えさせる働きが分かりました。以後、脱毛サロンの施術に流用されることになったのです。

IPLの大きなメリットは、複数波長を持つ混合光である、というところ。そのせいで肌へはダメージを与えず、広い範囲に照射できます。脚、背中といったパーツにはピッタリで、料金も安くですみます。

ただ、もともと肌ケア用の機器だけに、毛根を弱めるパワーはそれほどではありません。

一方医療クリニックで使われているのは、「レーザー脱毛」の機械です。これは各種のレーザー光を用いて脱毛効果をあげるというもの。

実はIPLもレーザー光も、脱毛の仕組みはほぼ同じです。どちらの光線も特定の色や物質に反応するという性質を持っていて、脱毛ではメラニン色素の黒い色に反応するようになっています。

肌に照射すると、ムダ毛のメラニン色素にぶつかって熱エネルギーに変化し、やがてその熱は毛根へと集中します。
高熱によって毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった組織が損傷を受け、発毛機能が衰えます。

ただ仕組みが同じといっても、照射パワーは段違いです。レーザー光の破壊力はすさまじく、発毛組織は死滅してしまいます。そうなるとムダ毛はもう生えてこず、その部位はずっとツルツルのままです(これが「永久脱毛」といわれるものです)。

「じゃあ、パワーの強いレーザー光なら、背中脱毛でも効果があがるのでは?」と思われるでしょうが、そう簡単にはいきません。

というのも、背中の薄い毛にはメラニンが少ししか含有されておらず、レーザー光をあてても肝心の熱変換が起こりにくいからです。

「では、背中の毛に対して脱毛効果を発揮できる方法はないの?」ということになりますが、それは以下の文章で説明していきます。

背中の薄い毛にも効果があがる脱毛方法は?

背中の薄い毛を効率的に脱毛する方法には、次のようなものがあります——

・S.S.C.方式の脱毛マシンを使う
・ダイオードレーザーを用いる
・美容電気脱毛ができるクリニックへ行く

これら3つについて、ひとつひとつ説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これは脱毛ラボ、ミュゼといった有名サロンが導入しています。S.S.C.は「スムース・スキン・コントロール」を略したもの。

上で解説したIPL方式との差は、ライトと一緒に専用ジェルを用いること。IPLでも連射する場合はジェルを使いますが、このS.S.C.方式のジェルはそれとは違う独自のものです。

このジェルには「フィリニーブ」という独自に配合した成分が入っています。ここにはサルチル酸、尿素、セイヨウシロヤナギのエキスといった天然由来成分が含まれていて、これらが毛穴から毛根に浸透していき、発毛を阻害します。

上の文章で説明したように、IPL脱毛は背中の毛にはあまり効果がありません。しかし、ライトとジェルを一緒に使うS.S.C.方式なら、メラニン色素とは無関係に脱毛できるので、背中だけでなく全身の薄い毛に効果が期待できます。

次に、ダイオードレーザーを用いた施術です。

医療クリニックではレーザー光を使って施術していますが、照射されるレーザーには——

・アレキサンドライトレーザー
・ヤグレーザー
・ダイオードレーザー

の3種類があります。

これらはそれぞれ独自のメリットを備えているのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも高い威力で照射できる点が大きな特徴となっています。

レーザー光では「パルス持続時間」がパワーの基準となっていますが、ダイオードレーザーの数値は3/1000秒と大変短く、このことで脱毛効果を倍増できるのです。

ダイオードレーザーを照射できるマシンには「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがあるので、どちらかを導入しているクリニックに通うようにしましょう。

最後に美容電気脱毛です。昔からよく使われてきた方法で、マシンを用いた脱毛が人気になる前は、これが施術の主流でした。

「プローブ」(「絶縁針」)という針を毛穴に突き刺し、電気を流して毛根に大きなダメージを与えるため、「ニードル脱毛」「絶縁針脱毛」とも呼ばれています。

針と電気を使って発毛組織に直接損傷を与えるので、脱毛効果は現行の方法で1番だと言われています。

これならメラニン色素は効果と関係がないため、背中を完全にツルツルにすることも可能です。

ただ肌に針を刺して電気を流すわけですから、痛みはかなり強くなります。痛みが苦手だと、施術を続けるのはツラいでしょう。

また、手作業で毛穴をひとつひとつ処理していくので、脱毛完了までに相当な日数が必要ですし、料金もかなり高めになります。それらの欠点を知った上でこの方式を選べば、他の方法よりもずっと効果的に脱毛できます。

以上、3つの方法について説明しました。

このうち、1番やりやすいのがS.S.C.方式です。「3つのうち、どれにすればいいか迷う」という場合、とりあえずS.S.C.方式を選ぶのがいいかもしれません。完全に無毛にできなかったとしても、減毛効果だけは確実です。

ただ「背中を完璧にツルツルにしたい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛がベストでしょう。

背中脱毛に関するQ&A

背中脱毛に関するよくある疑問点をQ&A形式にしてみました。

Q.脱毛すると背中ニキビが治るって聞いたけど?

脱毛によって肌が無毛状態になると、確かに背中にできたニキビも完治したりするようです。

これは、ムダ毛が伸びなくなることで毛穴が閉じ、皮脂の詰まり、炎症などの肌トラブルが起こりにくくなるためです。

ただ、施術の後は肌の乾燥に注意しなければなりません。乾燥するとどうしても皮脂の分泌が多くなります。

そうなるとニキビも起こりやすいので、化粧水やクリームで肌をしっかり保湿しましょう。

Q.脱毛のせいで硬毛化現象が起こる?

硬毛化というのは、元来は細くて薄い毛が、刺激のせいで太い剛毛になってしまうこと。脱毛の際、ライトによって毛乳頭に加えられる熱がその原因では?とも言われていますが、まだ科学的な原因究明は進んでいません。

確かに脱毛で硬毛化が生じることはありますが、施術を続ければ他の毛と同様に処理できるので、それほど心配する必要はありません。

以上、背中脱毛に関する情報を初心者向けに紹介してみました。いかがだったでしょうか?

7月8月を迎えると海やプールに出かける機会が増え、背中を露出することが多くなります。
手入れの厄介なムダ毛を脱毛してもらい、肌のコンディションを改善しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*