家庭用脱毛器を買う時に失敗しないためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は美容に対する意識が高まり、脱毛に関しても昔のような「お金持ちの贅沢」というイメージは薄くなりました。
テレビでもサロンや医療クリニックのCMがよく流れていて、気楽に脱毛する人が増えています。

また時間の余裕のない人の中には、家庭用脱毛器を購入し、気になる部位のお手入れをしている方もいるようです。

「1度脱毛してみたいし、自分も買ってみようかな」と考えている人もいるでしょう。ただ、安いとは言えない商品ですし、その種類も目移りするほど豊富です。後悔しないためにもその効果・特徴、長所・短所、また自分の肌に合うかどうかについてもきっちり把握する必要があります。

そこでこのページを立ち上げてみました。以下、家庭用脱毛器が気になるという人のために、その選び方等について解説していこうと思います。

家庭用脱毛器って一体どんな器具なの?

家庭用脱毛器
ムダ毛処理用のツールというのは色々なものがありますが、それらは大きく2つに分けられます。つまり、肌表面に出た毛だけを処理するもの(カミソリ・電気カミソリ・クリームなど)と、ムダ毛を毛根部分から引き抜くもの(毛抜き・ワックス・脱毛テープなど)です。

これらのうち、前者はいわゆる「除毛」であり、「脱毛」とはいえません。
そして後者は肌に隠れた部分を含めて毛を処理するので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、発毛機能はそのままなので、すぐに毛は再生します。

ムダ毛がずっと伸びないようにするには、これまで脱毛のプロの手で施術を受けるしかありませんでした。

そんな中で販売されたのが家庭用脱毛器です。これは脱毛したい人にとってこの上ない朗報でした。

何しろサロンやクリニックの場合、脱毛が終わるまでに数ヶ月〜数年は必要です。その間に脱落する人も少なくないですし、その費用が10万円を越えることもザラにあります。

それが家庭用脱毛器だと、もっと格安に店レベルの脱毛ができるのですから、大人気になったのも当然でしょう。

ただ、1番安いものでも2万円はかかりますから、いざ購入という段になると商品選びには慎重になってしまいます。

以下の情報やコツをしっかり理解して、自分の予算・目的に沿ったものを選んで下さい。

購入時に留意すべき点とは?

注意すべき点
家庭用脱毛器は、機種・方式によって効果のあるなしが明確に分かれる器具だと言われています。
「値段が格安だったから」「デザインが自分好みだったから」といった理由で安直に買ってしまうと、後でガッカリする場合が多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失望しないためにはどうしたらいいのか、そのコツを述べてみます——

使い勝手の良さを重視

家庭用脱毛器についての悪い口コミをネットでチェックしてみると、

「『効果的にムダ毛の手入れができる』という評判なので買ってみました。でも持つ箇所が重すぎて、処理をしていると手が疲れます」

「1回の照射範囲が狭すぎて、広い部位の処理には時間がかかってしまいます」

「動作音がうるさくて、夜中はとても使えません」

などの意見が目立ちました。このように「使用感に不満がある」という理由から、せっかく購入したけど使用をいつの間にかやめてしまった、という人もいるようです。

こんな結果にならないため、前もって照射面積、連射機能、最大出力レベルについてはサイトなどでチェックするようにしましょう。また近所に家電店があるなら、色々と商品を触ってみて、どれくらいの重量なのか調べた方が無難です。

コストパフォーマンスの良し悪し

脱毛器購入時によくあるのは、格安で本体を手に入れたものの、消耗品のコストが思った以上にかかり、結局はガッカリしてしまう、というパターン。

家庭用脱毛器は2万円台というリーズナブルな機種から、10万円以上のハイレベルな製品まで色々売っていますが、使うと確実に消耗していくカートリッジの経費を忘れてはいけません。

買う前には、本体価格・プラス・カートリッジの費用、そしてその交換頻度について、忘れずに確認しておきましょう。

脱毛効果をしっかり理解する

脱毛サロンと医療クリニックではそれぞれ脱毛方式が異なりますが、家庭用脱毛器でも各商品で違う方式が採用されています。現在、フラッシュ式、レーザー式、超音波式が主な方式となっていますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

脱毛部位、あるいは効果をどれほどあげたいのかは使う人によって差がありますから、各方式の得意・不得意を理解しておいた方がいいでしょう。

また、「1回の手入れで手間はどれほどかかるか」「顔やVIOなどの敏感なパーツにも使えるか」といった細かい点も、なるべくチェックしておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つのファクターは、しっかり留意しましょう。

家庭用脱毛器を使う上でのメリット、デメリット

メリット、デメリット

家庭用脱毛器のメリット

・サロンや医院の予約に束縛されず、自分のヒマのある時間に脱毛ができる
・施術場所に交通費をかけて出かける必要がなく、お金が節約できる
・あまり他人に見られたくないパーツ(VIO、乳首周りなど)もゆっくり脱毛できる
・自分の肌に合わせて照射レベルを変えられるため、照射時に感じがちな痛みを軽減できる

家庭用脱毛器のデメリット

・家電としては値段が高く、また消耗品のカートリッジを補給し続ける必要がある
・海外製には照射パワーが強すぎるものがあり、肌トラブルが起きやすい
・プロの手による脱毛と比べると、効果を感じるのに日数がかかる
・体の裏側にある部位(お尻、うなじ、背中)は処理がやりづらい
・肌トラブル(切り傷、炎症、火傷など)が起こっても、あくまでも自己責任になる

家庭用脱毛器を使って永久脱毛はできる?

永久脱毛はできる?
ほとんどの家庭用脱毛器は、脱毛原理という点でサロン・クリニックのマシンと同じものです。ただ、トラブル回避のために家庭用のものは照射パワーが抑えられているので、永久脱毛はできないようになっています。

なお、勘違いしている人が多いのですが、サロンでの施術は正しくいえば「抑毛」にすぎません。毛根は破壊されるのではなく弱体化するだけなので、数年経つと毛が復活してきます。

永久脱毛希望の人は、レーザー脱毛をやっている医療クリニックに行きましょう。

脱毛方式の種類にはどんなものがある?

脱毛方式の種類
家庭用脱毛器の脱毛方式をいくつか紹介してみましょう——

フラッシュ式

こちらは脱毛サロンと同じ方式で、ほとんどの家庭用脱毛器に使われています。IPLという特殊な光を肌に照射すると、表皮の奥に隠れた毛根の発毛機能が熱のせいで弱体化。時間をおきながら継続で照射していくと、そのパーツの毛が生えなくなります。

最大の長所は照射口が大きく、ワンショットでの照射面積が広いこと。
そのためムダ毛の手入れが素早くでき、打ち漏れも少ないので、腕、足などの広いパーツを脱毛するにはピッタリです。

照射パワーもレーザー式ほどではなく、火傷の危険性も少なくなっています。痛みももちろん軽微ですみます。

その代り、脱毛完了まで日数がかかるのですが、それでも最初の照射から1年くらいで毛が細くなり、自己処理が不要となります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックのマシンと同じ方式です。肌に当てられたレーザーライトがムダ毛の黒いメラニンに反応。その結果、毛根部位が高熱に包まれて発毛機能がダメージを受けます。

レーザーはフラッシュ式よりもずっと狭い範囲に集まるので、効果的な手入れができます。
硬い毛、あるいは指や顔の一部などを脱毛したい人にもってこいです。

完了までの期間もフラッシュ式より短く、2週間に1度照射を続ければ、3ヶ月くらいでムダ毛が細くなってきます。

ただ足、腕、背中といった広いパーツを手入れする場合、どうしても1回の照射に手間がかかりますし、打ち漏れの可能性も出てきます。

また、大きな短所として見逃せないのが、「痛み」です。ネットでも「瞬間的な痛さだけど、あっと叫んで飛び上がりそうになった」「照射直前は怖くて冷や汗が出る」といった感想が投稿されていて、予想以上の痛みだと思っておいた方がいいでしょう。

特に骨付近のスネなどの部位、脇、デリケートゾーンは相当痛いようなので、照射出力を上げすぎないことが大事です。

また、黒に近い色の部分(シミ、ホクロ、日焼け)にはライトが反応することもあるので、くれぐれも照射は避けて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピッカーと呼ばれるピンセット状の部分でムダ毛をつまみ、そこに微弱な電流を流すことで処理を行います。フラッシュ式やレーザー式のような強いライトを使わないので、眉毛や額の生え際など、目に近いパーツのムダ毛を処理できます。

また、ライトによる方式だと日焼け肌のムダ毛や白髪は手入れできないのですが、高周波ならこれらの毛の処理も可能です。

ただ、脱毛は1本ずつになるため、背中、足、腕といった広いところには向いていません。

なるだけ素早くムダ毛処理をしたいという人には、フラッシュ式の方がいいでしょう。

以上紹介してきた3方式は、すべて毛根組織に損傷を与えて脱毛処理をおこないます。そしてそれらとはやり方が違うのですが、やはり「脱毛器」と呼ばれている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても一応説明しておきます。

まずサーミコン式脱毛器ですが、ムダ毛をヘッド内蔵の熱線で焼き切ります。あくまで肌の表面に出ている毛を処理するだけで、毛根部分には何もしません。つまり正確には「除毛」に分類されます。

ただ、これで処理すると毛先が丸くなるため、カミソリによるチクチクが苦手な人には役立つでしょう。

最後に「ローラー式」です。これはムダ毛をローラーヘッドに絡ませることで手入れをおこないます。

方法自体は毛抜と変わりません。ただ、広範囲を素早く処理できるのがメリットです。
もちろん毛穴や肌への負担は相当なものなので、おすすめはできかねます。

売れ筋の家庭用脱毛器の価格は?

家庭用脱毛器の価格は?
家庭用脱毛器を購入する際に1番気にかかるのが、その値段でしょう。

公式サイトに基づき、売れ筋の家庭用脱毛器の値段をまとめてみました——

ノーノーヘア…12,800円

エピレタ…17,800円

センスエピX…29,800円

ラヴィ…39,800円

トリア…54,800円

ローワン…54,800円

フィリップス…66,880

2PSクリスタル…69,800円

ケノン…69,800円

ダブルエピ…81,000円

レイボーテグランデ…108,000円

以上、1番安い機種は12,800円、そして1番高い機種は108,000円となっています。

上で言ったように、購入時はカートリッジの存在を考慮する必要があります。本体価格とカートリッジの合計がいくらなのか、自分であらかじめチェックしておきましょう。その数字を比べることで、本当の値段の差が分かります。

たとえば上記のうち、特に知名度のある4つについて、その照射コストを並べてみると——

・ケノン
1回の照射コスト…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(オールインワンセット)
1回の照射コスト…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
1回の照射コスト…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
1回の照射コスト…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

この結果を見て、「1回の照射コストの差なんて、ほんのちょっとだ」と高をくくる人がいるかもしれません。しかし脱毛は、一旦開始すると2週間ごとに1回照射を続ける必要があります。つまり、1回ならわずかの費用でも、何回も照射することで思った以上に蓄積されていくのです。

また、チェックする人が案外少ないのが「照射範囲」です。ショット数は1回の照射範囲が大きいとそれだけ減少しますから、カートリッジ代も節約できます。

トリアなどレーザー式なので、狭い範囲にしか照射できません。そのためフラッシュ式のラヴィやケノンに比べ、照射面積は2分の1を下回っています。

広い部位の毛を処理したい場合、各商品の1回の照射コストと照射面積がどれくらいなのか、よくチェックしておきましょう。その上で、なるべくお得な機種を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の選び方のコツ、長所・短所などについて詳しく解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で述べたように、家庭用脱毛器はその脱毛方式や機種によって効果や用途が異なります。
また本体の値段とともに、消耗品であるカートリッジの維持費をきっちり知っておくことも肝心です。

ぜひ自分に見合った脱毛器を選び、心地よい脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*