邪魔な産毛を処理するために、顔脱毛を受けてみたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

寒い冬はもちろんですが、人間は体を防御するために必ず衣類を着て生活をします。
ところがよほどの場合でない限り、絶えず外気にさらされるのが「顔」という部位です。

常に他人の視線が向けられることもあって、その手入れが念入りになるのも当たり前でしょう。

ただそのケアの際に「邪魔だなあ」と感じられるのが、フェイスラインや頬などに生えている産毛です。

朝にあわてて化粧する時など、産毛のせいでメイクがうまく乗らず、イライラしてしまう女性も多いはずです。

おまけに鼻の下にある産毛など、光の具合によってはヒゲに見えてしまいます。
カミソリなどで自己処理することになりますが、これもしつこくやっていると黒ずみなどの原因になり、かえって見栄えが悪くなることに……。

こんな事態を打開するため、サロンで脱毛してもらう女性も増えてきているようです。

昔、サロンの顔脱毛は料金がお安いとは言えませんでした。顔は「施術が難しい」とされ、キャンペーンでも値下げされなかったのです。

ところが最近は新しい脱毛技術が開発されたこともあって価格も下がり、手軽に施術できるようになっています。

とはいっても、サロン未経験者が脱毛するのは何となく億劫なものです。

そこでそんな人のために、顔脱毛の詳細やサロンの選び方について解説してみることにしました。

このページが、脱毛しようか悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

現在の脱毛はどんな感じなのか?

細かい情報を紹介する前に、まず今の脱毛がどんな風におこなわれているか、簡単に述べておきましょう。

かつて脱毛といえば、プローブという特殊な電気針によって一本一本の毛根を処理していく「美容電気脱毛」が普通でした。

これは脱毛効果においては最高なのですが、何しろ毛穴のひとつひとつに針を刺していくわけですから相当の痛みがあります。
おかげで、「脱毛は痛い」というイメージが一般に広まってしまいました。

いまでは「手間がかかりすぎる」ということもあってこの美容電気脱毛は廃れ、レーザー系の光を照射する効率的な方法が行われています。

サロンで1番ポピュラーな方式は「IPL脱毛」と呼ばれるもの。ムダ毛のある肌にインテンスパルスライトという光(フラッシュ)を直接照射します。

このフラッシュはメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化。毛乳頭や毛母細胞といった発毛を司る組織に大きなダメージを与えてくれます。

もともとIPLはエステで用いられていた方法で、開いた毛穴、赤ら顔、ニキビ痕、くすみなどのケアに効果をあげていました。
脱毛でもこれらの効能は有効なので、施術していくと自然に肌の状態も良くなっていくわけです。

ただ最近は、IPLの欠点を補うSHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法などの方式も開発され、施術方法も多種多様になってきました。

それぞれ色々な特徴があるので、自分の気に入った方法で施術するのがいいでしょう。

各サロンで施術できる箇所は異なる

顔脱毛で注意したい点のひとつは、各サロンで施術可能な部位が異なる、ということ。

あるサロンのアンケートによると、利用者が最も施術したいところは、鼻の下、アゴ、眉間ということですが、これらの部位も店によって脱毛できるかできないかが異なります。

たとえば、有名サロンの施術可能箇所をあげてみましょう——

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

ミュゼ……鼻下、顎

ジェイエステ……目元、頬、鼻下、口周り、顎、フェイスライン

このように店によってバラバラです。

ということで、「顔脱毛に対応」と書かれていたとしても、望んでいる箇所を本当に施術してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで出かけたのに「そこは施術不可です」と言われると腹が立つので、施術可能箇所については事前にチェックしておきましょう。

顔脱毛の平均料金について

脱毛をするかどうか迷っている時、最も気にかかるのはその料金でしょう。

有名サロン20社のデータから算出した結果、顔脱毛の平均料金は「41,033円」ということです。

この金額が高いと感じるか安いと感じるかは、脱毛を望む女性の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛ができるのはサロンだけではありません。医療クリニックでも施術が行われています。

こちらも平均料金を出してみたところ「131,325円」という金額になりました。

つまり、医療クリニックに通うとなると、サロンの3倍以上のお金がかかってしまうわけです。

さすがに13万円を超えるとなると「少々お高い……」と感じる人がいるかもしれません。

ただクリニックで施術を受けると、ムダ毛が一生生えてこない「永久脱毛」ができます。これはほとんどのサロンでは不可能な技術です。

サロンを選ぶかクリニックを選ぶか、迷っている人もいるでしょう。
効果と料金を考慮し、自分の目的に合う方にして下さい。

初心者には「お試しコース」が最適

最近は脱毛サロンが続々とオープンし、大きな駅前では数件の店舗がしのぎを削っています。各店が格安プランを色々とアピールしていますが、どれがいいのか迷ってしまうでしょう。

そこでオススメしたいのが、初心者向けの格安なお試しコース。

これによってそのサロンの技術、サービスの内容、接客態度などをチェックし、その上で正規プランを契約するのがベストです。

なお、お試しコースの申し込みは、直接店に電話するよりもネット経由でやった方が何かと便利です。
特典も付いてきますし、中には料金をディスカウントしてくれる店もあります。

まず「これ」と思ったサロンのサイトを開き、料金や条件を細かく見た上で申し込みましょう。

その後の手順ですが、申し込み時に決めた日にサロンへ行きます。

この時、最初に行われるのはスタッフによるカウンセリングです。費用は無料なので安心して下さい。

内容は、こちらの希望条件の聞き取り、料金プランの説明、そして脱毛についての概要など。ちょうどいい機会なので、

「脱毛が完了するまで、期間は何日必要なのか?」
「設置されている光脱毛器の種類は?」
「永久脱毛は可能なのか?」

など、積極的に訊ねてみましょう。

初日はこのカウンセリングだけで終わり。後日、予約した上で施術を受けることになります。

施術に際しては——

・スタッフの接客態度は?
・痛みを感じるとしたらその具合は?
・術後の保湿ケアは丁寧になされているか?

などの点をチェックしましょう。

これで合格点に達すれば、そのまま正規プランの契約まで進めばいいですし、合格でなければそのまま終了です。後者の場合は他のサロンを調べ、また「お試し」を体験することになります。

上に書いたようにサロンの数が急増中ですので、必ず自分にピッタリな店に出会えるはずです。

顔脱毛なら「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で評判をとっている店を2つ紹介します。

まずオススメしたいのが「キレイモ」。渡辺直美、ぺこ&りゅうちぇる、板野友美などが登場するCMを見た方も多いでしょう。

キレイモの顔脱毛がいいのは、他のサロンに比べて施術できる部位が多いことです。
他店で施術したものの満足できず、わざわざキレイモで脱毛し直す女性もいるようです。

続いて推薦するのは、「ジェイエステティック」。

ここで一番人気があるのは「フェイス6」というプラン。1回の料金がたった2,500円というのですから驚きです。「なるべく格安で顔脱毛したい」という女性にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを採用しているため、施術のせいで乾きがちな肌をしっかりとケアしてくれます。

「数が多すぎて、どのサロンにしたらいいか分からない……」という人は、ぜひこの2店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛に関するベーシックな情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛についての細かい疑問点や、施術で注意すべきポイントを解説していきましょう。

脱毛は歯の治療中もできるの?

毛は再生能力が高く、完全に脱毛するには時間がかかります。サロン通いには数ヶ月から数年間かかることになるので、その間に歯の治療を受ける人も出てくるでしょう。

脱毛と歯の治療を同じ週に行なうこともあるかもしれません。
施術には特殊な機器を使うわけですから、「何か問題があるのでは?」と気になってしまいます。

実際にサロンに質問してみたところ、「通常の歯の治療なら大丈夫」とのこと。

ただ、歯医者でもらう痛み止めについては、注意が必要です。

脱毛の施術では、まれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が出る人がいます。これは光の照射によって、かゆみやむくみ、あるいは水ぶくれが生じる過敏反応のこと。

実は、痛み止めにはこの症状を起こす成分が入っていることがあり、うっかり摂取すると施術ができません。

困った事態を回避するためにも、痛み止めを摂ったら施術前に申告するようにして下さい。

ちなみに施術により、虫歯の痛みが悪化する場合もあります。
それがイヤな人は、口付近の施術を避けるようにしましょう。

また、歯列矯正を行っている場合、光が矯正器具に反応して熱が生じるケースもあります。この場合も口付近の施術は後回しにした方が無難です。

ただセラミックやプラスチック製の器具だと、施術に問題はありません。

このように色々な条件が考えられるので、必ずスタッフと相談しながら脱毛して下さい。

ニキビがあると施術不可?

脱毛というのは体調に影響を与えることもあるので、施術の条件が色々と決められています。

肌が乾燥していると施術は不可となりますが、ではニキビがある場合はどうでしょうか?

調べてみたところ、大抵のサロンで施術はオーケー。

というのも、光脱毛器はエステの美肌用マシンを改造したものなので、肌に悪い影響を与える心配はないからです。

マシンで照射されるIPLという光は、メラニン色素にぶつかると熱エネルギーとなり、毛根の組織にダメージを与えます。
ニキビには反応しませんから、施術でも安心です。

ただ炎症がひどいと、IPLの照射によって症状が進む場合があります。施術するかどうかは、炎症具合に応じて決めて下さい。

脱毛の結果、シミやそばかすができることは?

現在、サロンやクリニックの施術では、メラニン色素だけに反応する特別な光を用いています。

「そんな光を肌に直接当てたら、シミなどの色素沈着が起こるのでは?」と不安を覚える人がいるかもしれません。

確かに肌トラブルの主要な原因となるのは、紫外線による日焼けです。サロンで用いられるIPLという光も強烈なものなので、陽光と同じ様に肌によくないのでは、と思い込みがちです。

しかし何度も書いたように、サロンの脱毛機は肌トラブルの解消のために使われてきた歴史があります。肌に対して損傷を与えるものではありません。

「でもネットを見ると『顔脱毛の結果、シミができた』という口コミが何件か投稿されているけど?」と反論する人がいるかもしれません。

この現象については、理由が2つあげられます。

まず、肌の奥に隠れていたシミ予備軍が、ターンオーバーによって表面に出てきた、というもの。

施術のせいで新陳代謝が進み、奥に潜んでいたシミが表に出てくることは珍しくありません。

ただ、大抵のシミはターンオーバーが進むと消えてしまいます。

あと施術のせいで乾いた肌にうっかり傷がつき、それが痕になってしまう場合。これをシミだと思い込む人がいます。

こんな事を避けるためには、施術後のケアが欠かせません。
念を入れて肌の潤いを保ちましょう。

ともかく、脱毛によってこれらのシミや傷が残るわけではありません。安心して施術をしてもらって下さい。

サロンへ行くときは、スッピンじゃないとダメ?

初心者の女性にとって、不安に感じることのひとつは、

「施術に出かける際は、メイクをしてはいけないのか?」

ということ——。

「素顔でも全然平気」という10代の学生ならともかく、普段から化粧が欠かせない女性にとって、「サロンに着くまで化粧なしでいろ」というのは結構つらいことです。

結論を先に述べると、メイクをして店に出かけても問題ありません。

というのも、サロンには化粧を落とせる専用ブースがちゃんと設けてあるからです。また、スタッフがサービスでメイクを落としてくれる店もあります。

ただ、いくらメイクを落とせるからといっても、あまりにしっかりした化粧をしていくと、それを落とすだけで時間がかかります。

普段より化粧は抑え、余裕を持って施術に臨みましょう。

以上、顔脱毛の情報や、オススメのサロンについて紹介してきました。いかがだったでしょうか?

ぜひ上記の情報を参考に、自分にピッタリの店を見つけて下さい。顔脱毛をすることで、肌の状態も良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*