医療脱毛クリニックを上手に選ぶには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「勧誘が悪質でしつこい」
「施術時の痛みがとんでもなく強い」——

昔、脱毛に関してはそのような良くないイメージがつきまとっていました。しかし、国による規制強化、そして新技術の開発もあって、状況は一変しました。

さらに施術料がグッと値下げされたこともあり、客層は十代の若者にまで広がっています。
有名人を起用したTVコマーシャルや駅のホームの看板を見て、「自分も脱毛にトライしてみるか」と考える人もいるでしょう。

脱毛の施術を受けるとなったら、出かける場所は2つしかありません。脱毛サロン、あるいは医療クリニックです。カウンセリングを受けて契約し、数ヶ月から数年、部位がツルツルになるまで通いつめることになります。

サロンの方が値段がリーズナブルなので、そちらを選ぶ人が以前は多かったのですが、最近は医療クリニックの利点も認識されるようになり、どちらにするか迷ってしまう人もいるようです。

そこで、このサイトを立ち上げました。
脱毛にトライしたい人向けに、医療クリニックの長所・短所、施術に使われる技術、そしてクリニックを選ぶ時のポイントなどについて、細かく説明していきたいと思います。

クリニックではどんな脱毛がおこなわれるのか?

クリニックで脱毛
上で書いたように、脱毛しようと決めたら、サロンか医療クリニックのどちらかに足を向ける必要があります。専用機器で脱毛をする点は2つとも同じなのですが、もちろん違う点もたくさんあります。

では医療クリニックに関しては、どのような特徴があるのでしょうか?

1)脱毛にレーザー光線を用いる

医療クリニックの大きな特徴は、施術にレーザー光線を用いる、という点です。

この脱毛技術は、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ.A.パリッシュが雑誌に発表した論文「選択的光熱凝固理論」に基づくもの。レーザーを応用した脱毛方法の発見は、長い脱毛の歴史でも画期的な事件でした。

それまで、脱毛は特殊な電気針(プローブ)を使う方法がメインでした(これを「ニードル脱毛」「美容電気脱毛」と呼びます)。1875年、逆さまつ毛の治療用に眼科医チャールズ・E・ミッチェルが考案したもので、毛穴にプローブを差し入れ、弱い電気を通して発毛をストップします。

この方法は優れた効果を備えていますが、なにしろ手作業でプローブを挿入していくために時間と手間がかかり、それだけ施術料も割高になってしまいます。
しかも相当な痛みが伴うため、顧客も施術には相当な我慢を強いられます。

この状況に革命をもたらしたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛はレーザー光線のパワーでムダ毛を処理する脱毛方法。レーザー光というのは単色光、つまり単一の波長を持った光子の集まりで、他の光のように広範囲に拡散せず、同じ方向にまっすぐ進みます。

さらに大事な性質は、波長に応じて特定の色だけに作用する、という点。
レーザー光線は吸収されると熱エネルギーに変わるため、色のついたモノに甚大なダメージを与えることができます。

脱毛に際しては、毛に3%ほど含まれているメラニン色素に作用するよう、媒質や光学素子によって波長を700nmから1000nmに調節します。これでムダ毛に向けられたレーザー光線は黒いメラニン色素に吸収されて熱エネルギーに変化。
その温度は65度〜70度まで達します。

やがてその高熱が毛包全体に伝わっていき、発毛組織である毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛が伸びるのを防ぐのです。

この脱毛方法の良いところは、あくまで破壊の対象はメラニン色素だけであり、表皮などの周辺組織にダメージを及ぼさない点です。 施術そのものはレーザー光線を肌に当てるだけなので、たいへんスピーディー。
ニードル脱毛のような面倒な手間はいりません。

開発当時、照射できる光線はルビーレーザーだけでしたが、今はアレキサンドライト、YAG、ダイオードといった波長の異なるレーザーが色々あり、施術対象や毛の直径に応じて選択することができます。

2)永久脱毛ができる

まだまだ脱毛についてはその詳細が一般に知られておらず、「1回施術を受けると、そのパーツの毛は死ぬまで伸びてこない」と勘違いしている人がいます。

しかし、毛球部分は非常に強い組織で、少々損傷をこうむってもすぐにその機能は回復します。1度光線を照射したくらいでは損傷もさほどではなく、さらに毛には毛周期という成長のサイクルがあるため、それに応じて施術を継続する必要があります。そうやって2ヶ月に1度の割合で施術するうちにムダ毛が生えなくなり、その部位が無毛となります。

サロンでもクリニック同様、毛根に作用する光線を用いますが、その出力が抑えられているために、毛母細胞はただ一時的に衰えるだけです。数年もすると発毛機能は復活し、ムダ毛が再び伸びてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは出力の強いレーザー光線を使うため、毛根が完全に死滅する可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)必ず医師が施術をおこなう

上の説明通り、サロンの脱毛方法は毛根に作用するものではありますが、レーザー脱毛ではありません。サロンのマシンで使われる光とレーザー光線を比べると、パワーの点で銃弾と砲弾くらいの差があります。
「まず事故など起こらない」とされているので、サロンの施術担当者には特に資格はいりません。

ところがレーザー脱毛となると、光線自体が比較にならないほど強烈ですから、操作ミスがあると重篤な火傷につながりかねません。そのため機器を操作するのは、万一の時に対応できる医師に限られています。もちろん、火傷治療が可能な設備もそろっているので、その点でも安心できます。

医療脱毛の良い点と悪い点

良い点と悪い点

良い点

・医師が脱毛をおこなうので、施術時にトラブルがあってもすぐに対応できる
・脱毛効果がサロンよりはるかに高く、毛深い人でも肌をツルツルにできる
・脱毛完了までの施術期間が短く、通院する回数も少なくてすむ

悪い点

・キャンペーンが多くてお得なサロンと比べると、料金がかなり高い
・部位によっては照射時の痛みが相当ひどく、施術自体が嫌になる
・肌が弱いと、レーザー光によって毛膿炎や炎症が生じるケースがある

医療クリニックとサロンはどう違う?

どう違うか考える
上のセクションでも少しだけクリニックと脱毛サロンの違いに触れましたが、ここでさらに相違点を書いておきます——

料金

脱毛サロンは昔から女性雑誌に大きな広告を出していますが、そこには大抵「値下げキャンペーン」「期間は○日まで」などと書かれています。
これで分かる通り、サロンのセールスポイントのひとつは料金の安さです。

一方医療脱毛クリニックに関しては、医療機関ということもあって施術料がディスカウントされることは滅多にありません。

ここで、脱毛完了までお金がいくらかかるのか、サロンと医療クリニックの施術料を書き出してみましょう。

まず脱毛サロンから。全国にいくつも店舗がある大手サロン20社の公式サイトから、パーツ別の平均費用を算出してみたところ——

・全身…164,700円
・ワキ…16,833円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円

という金額になりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索結果によく出てくる20院の平均料金を出しました——

・全身…401,945円
・ワキ…14,825円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円

これで分かるように、医療クリニックの方が脱毛サロンより料金が高めです。特にその違いが大きいのが顔脱毛で、クリニックの施術料は脱毛サロンの3倍を越えています。

効果

上で記したように、サロンと医療クリニックでは施術方法の違いがあるため、効果に関してもかなりの相違が生じます。

サロンで主に使われている脱毛方法は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンの脱毛方法の代表的なもので、店によっては光脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれています。ワンショットにおける処理範囲が広いため、足や背中などの部位も短時間で施術可能。照射出力も抑えられていますから、痛みは軽くなっています。

他の方法もそれぞれ特徴があるのですが、いずれにしてもサロンの施術というのは「抑毛」「減毛」効果しかありません。施術後は肌が無毛になりますが、その状態は大体数年しか続かないのです。

一方、医療クリニックではレーザー光線によって脱毛します。

レーザー光線には媒質の違いによって、YAG、アレキサンドライト、ダイオードといった種類がありますが、どれもサロンの光線とは段違いの破壊力を秘めています。

確実に肌を脱毛したいのなら、やはりレーザーによる施術をクリニックで受けるべきです。

保証

クリニックと脱毛サロンは色々違いがありますが、保証については大きな差はない、と言えます。

心ゆくまで何年も施術を続けられる「永久保証」、ある程度まで有効期限を延ばせる「期間保証」、中途解約時に一定の金額を払い戻してくれる「返金保証」などは、クリニックにもサロンにもあります。

ただ、クリニックによって種類・条件などは色々と違いがありますから、公式サイトで事前にチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの相違点に関し、意外に言及されないのが支店(支院)の数です。

「それって大切なの?」と思われるかもしれませんが、施術は毛の成長サイクルに応じておこなわれるため、どうしても完了までにある程度の日数がかかります。つまり最低でも数ヶ月、さらに大掛かりなプランになると、数年間は施術に通わなければなりません。

そうなるとその間に生活環境が変わってしまう人も出てきます。引っ越し・転勤がそうですが、新しい住居の近くに契約していたクリニックの支院がないため、せっかく払っておいた施術料がムダになる場合があります。

部分脱毛なら数万円くらいですむでしょうが、全身脱毛のプランになると、前払いの金額が20万を越えるケースも少なくありません。転居でそんな大金がムダになるのは避けたいところです。

大手サロンなら全国色々な街に店舗があり、引っ越し先でも施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックだと首都圏だけに数院、という場合もあり、引越し先に支院がないことも多いようです。

そんな状況を考慮すれば、よく転勤・引っ越しをするという人は、全国に店舗の多い有名サロンを選ぶ方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニック選びでの留意点は?

留意ポイントは?

施術料はどれくらい?

医療脱毛クリニックに通おう、と決めた時、まず確認したくなるのはその料金でしょう。

上で述べたように、医療クリニックはサロンより割高ですが、たとえばコマーシャルでその名前を知られている「湘南美容外科クリニック」は、初回の部分脱毛が相当リーズナブルになっています。両脇など、6回施術できて1,000円しかかかりません。

一部の部位を格安で施術してくれるクリニックは他にもあるので、ぜひサイトなどで調べてみて下さい。

痛みを軽減できるか?

レーザー脱毛のデメリットのひとつが照射時の痛みです。最近ではそれを軽減しようと、新しい機器を導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では「ジェントルレーズプロ」というマシンを使っています。これは部位を冷却することでレーザーの痛みを軽減。しかも麻酔代もタダです。痛みがイヤ、という人にはピッタリでしょう。

支院は多いのか?

全国に支院が多いのか、というのも見逃せないポイントです。

顧客がそれだけ多い、ということで信頼性が違いますし、予約も入れやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は全国に支院が多く、引っ越ししても施術をそのまま続けられる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックの情報・選び方のポイントなどを詳しく述べてみました。いかがだったでしょうか。

「料金が高め」「照射時の痛みが強い」などの理由からクリニックを敬遠する人も少なくないと思います。
しかし確実な効果を得たいなら、サロンよりクリニックのレーザー脱毛をおすすめします。

どうかこのサイトを参考に、自分にふさわしい医療クリニックを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*