2019年 4月 の投稿一覧

メンズ脱毛サロンの失敗しない選び方とは?

キレイな肌を保つために懸命にケアしている人は多いのですが、目障りなのがいつの間にか伸びてくるムダ毛です。小まめに毛抜やカミソリを用いて自己処理するのは厄介なもの……。
しかも、これらの器具は肌に刺激を与え、黒ずみ、埋もれ毛といった肌トラブルにつながる危険性があります。

そこで注目されているのが、サロンやクリニックでの脱毛。以前は信じられないくらい高額だった料金も脱毛技術の改良によって値下げされ、いまではすっかり一般的なものになっています。

メインとなる客層も段々と若い年代に移ってきていて、女子高校生の姿も珍しくありません。

さらに「モテるためにムダ毛をなくしたい」という男性が増え、男性向けのサロンも次々とオープンしています。

ただ脱毛にトライしてみたいと思っていても、「何となく恥ずかしいのでサロンに行けない」という男性もいるでしょう。

そこでこのサイトを立ち上げました。
メンズ脱毛サロンに注目し、よく使われている脱毛技術、店舗選び方のコツなどについて説明していきます。脱毛に挑戦したい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛ってどういうもの?

光脱毛について
現在でも「脱毛」と聞くと、「針のような器具を毛穴に差し込み、電流で発毛器官を焼く」という施術場面を想像する人がいるようです。

実はこういう場面はさほど間違っているわけではありません。
実際、以前の脱毛士は針に似た電極を毛穴に挿入するというやり方で、施術していたのです。

ここでちょっとだけ、脱毛の歴史を述べてみましょう。

初期の文明から脱毛行為はあった

文明を築くとすぐに人類は美容への関心を持ち、ムダ毛を手入れするようになりました。古代の資料によると、紀元前3000年から4000年頃の古代オリエントでは、石灰、硫黄などを混合した脱毛剤を使用していたようです。

そして紀元前1500年ごろになると、エジプトで蓮の葉、油、カバの脂肪などを材料にした脱毛剤が用いられ、あの有名な美女・クレオパトラも脱毛用の薬を使っていました。

以後近代に至るまで、脱毛は女性にとって不可欠のたしなみであり続けましたが、その方法については、カミソリや毛抜のような単純なツールか、その当時の自然由来の薬剤を使うだけで、紀元前と比べてさほど変化があるわけではありませんでした。

電極を用いた脱毛がスタート

しかし、電気の威力に注目が集まった19世紀末、ようやく脱毛にも新機軸の方法が導入されます。
その端緒となったのが、米国の医師チャールズ・ミッチェルが考案した「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスの眼科医だったミッチェルは、逆さまつ毛の脱毛のために電極(プローブ)を活用し、毛根の成分である水酸化ナトリウムの凝固化に成功します。これによって、新しい逆さまつ毛は生えなくなりました。

1875年になってミッチェルがこの脱毛法の論文を発表すると、やはりプローブで施術をおこなう医師が出てきて、「電気分解脱毛法」は新発想の脱毛方法として注目されていきます。しかし、この方法は毛穴ひとつひとつに手によってプローブを差し込んでいくため、たいへん手間と時間が必要でした。

それでも、ずっとツルツルの状態が保てるためにこの方法は人気を呼び、改良されたマシンが日本でも使われました。そして「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼ばれ、脱毛の施術に対する固定したイメージを生んだのです。

特殊な光線を利用した方法が登場

やがて、このニードル脱毛に取って代わる方法が考案されます。それが光線を用いた脱毛方法です。

この方法は、毛根に直接接触せずにムダ毛を処理する、という点が革命的でした。波長を調整された特殊な光線は、固定の色だけに作用する特性を備えています。これによって、ムダ毛の成分であるメラニン色素にその光線を吸収させます。
すると光線は熱エネルギーへと変化し、その熱で毛の成長が止まるのです。

この光線を使った脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つに大別されます。

そして大部分の脱毛サロンで採用されているのが、光脱毛です。

光脱毛の種類に関して

ここで光脱毛について、さらに細かく解説しましょう。

光脱毛にはいくつかの種類がありますが、それらに使われるほとんどの光線は毛に含有されるメラニン色素に吸収されます(この時、周辺の細胞には悪い影響を与えません)。

光線はメラニンへの吸収により熱に変化。その熱が毛根にある発毛器官に損傷を与え、毛が伸びなくなるわけです。毛は徐々に細くなり、施術を繰り返すことで部位全部がきれいにツルツルになります。

現在、光脱毛には次のような種類があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

各方式の特徴を簡単に述べていきましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで最も採用率の高い脱毛方法です(サロンによっては「フラッシュ脱毛」とも呼んでいます)。ライトは毛を生み出す毛乳頭とその周りの組織にダメージを及ぼし、2、3ヶ月に1回施術しているうちに、段々効果があがっていきます。

欠点は施術時にちょっと痛みがあること。ただ軽く指で叩かれるような感じで、別に耐え難い痛みではありません。

次にSSC方式。この方式の特徴は用いられるライトにあります。IPL方式だとキセノンランプを使って、IPL(インテンスパルスライト)を照射します。対してSSC方式では、クリプトンライトという光線を用います。

インテンスパルスライトだと、光線単独で脱毛することができますが、クリプトンライトはそれだけでは通常の光と同じです。

では、どうやってダメージを与えるのかというと、まず専用のジェルを皮膚に塗ります。

その上でクリプトンライトを当てると毛根が衰え、毛の成長がストップするのです。

SSC方式の1番の長所は、ライトの照射出力が低くても脱毛できる、というところ。ジェルとの併用で効果を上げるので、高熱でなくても問題ありません。したがってIPL方式よりもさらに痛みが軽微になります。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。この2つは最新鋭の脱毛方法です。両方ともバルジ領域という組織を弱体化するところが、他の方法と違っています。

特にハイパースキン法は、メラニン色素の存在に関わりなく脱毛できるところがメリットです。ライトの温度が大変低いため、施術時の痛みがまったくありません。ですから、痛みが苦手な人や子供さんでも毛の処理ができます。

光脱毛とレーザー脱毛の相違点とは?

光脱毛とレーザー脱毛の相違点
上述したように、現在のほとんどのサロンでは光脱毛を用いた施術がおこなわれています。

それに対し、医療脱毛クリニックで導入されているのは「レーザー脱毛」という方法です。これは光脱毛とどんな点が違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、名前通りレーザー光線を利用した脱毛方法です。もともとレーザーは、波長を変えることで一定の色に吸収される特徴を持っています。つまり、破壊の目標とするモノに色がついているなら、それに応じて波長を調整することで局所的に損傷を与えられるわけです。
医療現場では、この特徴を応用したレーザー手術がおこなわれています。

では、光脱毛とレーザー脱毛ではどこが違うのか、というと、まず発毛組織への破壊力です。

サロンの光よりもはるかに長い波長を持つレーザー光は、皮膚に埋もれた毛根部分に確実に到達します。そのため発毛器官は死滅してしまうことが多く、施術効果が半永久的に保たれる確率が高くなります。

それだけレーザー光の破壊パワーは抜群で、医師でないと器械を操作できません。

ただレーザーは照射時の痛みが強く、敏感肌の人は炎症などが生じる可能性もあります。

光脱毛の利点・難点

利点・難点

利点

光脱毛の最大の長所は、何と言っても施術料が安いこと。

もちろん部位やプランによるのですが、1回の費用が医療クリニックの半額以下の場合もあります。

また、サロンの機器を操作するには特殊な資格はいりません。すでに述べたようにレーザー脱毛の場合は医師でないと施術できませんが、サロンならスタッフ全員がマシンを操作できます。つまり、より多くの客に対応できるので、医療クリニックのように「契約したのに、予約が中々取れない」という悲しい事態が避けられます。

2番目の長所は、肌の負担が少なく、施術時の痛みが軽いこと。そのため、肌の弱い人、痛みの苦手な人にはもってこいです。

レーザー脱毛は、レーザーの威力が強いため照射時の激しい痛みが避けられません。そのため、場合によっては軽い麻酔を用いることもありますが、光脱毛ではそんな面倒はありません。

麻酔を用いると追加料金が必要なことが多いですから、その点でも助かります。

そして最後の長所ですが、光脱毛にはたくさんのコースとプランがあるため、自分の願い通りの脱毛ができます。

部位を細かく指定することもできますし、サロンによってはオプションとして顔などのエステコースを付けられるところもあります。

難点

光脱毛は「脱毛」と称してはいますが、実は「抑毛」「減毛」という方がふさわしく、施術しても「部位は半永久的にツルツル」というわけにはいきません。

ただ毛が再び伸び始めるにしても、本数が減ったり細くなったり、産出の勢いが抑えられたりするので、施術自体がムダにはなりません。

また光脱毛は、レーザー脱毛よりも施術終了に至る日数が長くなります。

光脱毛は1回の照射程度では、それほど効果が上がりません。何ヶ月も施術を続けた結果、ようやく効果があらわれてきます。部位によっては、その期間がレーザー脱毛の数倍も必要です。

完了まで日数がかかりすぎると、レーザー脱毛より料金が高くなるケースもあるので注意しないといけません。

そしてもうひとつの難点に、産毛や薄い色の毛の脱毛が苦手、という点が挙げられます。

これらの毛は黒いメラニンの量が少ないため、射出した光線が反応しにくくなっています。そのため、施術を何度やっても効果が出ないこともあります。

どんな点に注意してサロンを選べばいいのか?

どんな点に注意すべきか

料金システムに気をつける

サロンは種々雑多といえるほど店舗が多く、料金システムもバラエティに富んでいます。ただ大雑把に分類すると、「月額制」と「ローン」の2種類になります。

コストを節約したい場合は「月額&定額制」を選びがちですが、施術期間が長くなるとかえってコストが高くなることもあります。

「月額制、回数無制限」というプランを売りにしているところもあり、お得なイメージがあります。しかし、その価値は回数次第で変わってきますし、「1回あたりの時間」もチェックすべきポイントです。

たとえば施術ペースが1週間に1度で、1回10分だとすると、1ヶ月の施術時間は40分です。40分でどれほどの面積が施術できるかによって、その費用がお得かどうか、判断がつきます。

また、有名サロンは客が多くて予約が取りにくいので、思った通りに脱毛できないことが多いようです。

通い始めてから失望しないためにも、契約する前に詳しい情報を知っておきましょう。

男女によって同じ部位でもコストの差がある

「〇〇(部位の名前)を施術するとしたら、いくらくらいかかりますか?」とサロンで直接質問すると、「普通は〇円です」とスタッフが教えてくれると思います。ただ女性客中心のサロンだと、その答えにも注意が必要です。

というのも男性は女性と毛の量と質が異なるため、普通よりも施術料が高くなることが多いのです。

しっかり毛を調べ、正しい見積もりを出してくれるサロンもあるかもしれませんが、女性より費用が高くなりがち、ということを理解しておきましょう。

「追加料金」は?

ローンや月額制の料金のほかに、追加コストを取られる場合があるか、あらかじめ調べておくべきです。

例えば店によっては、家で決められたケア商品を使うように勧められることがあります。
そのお金はもともとコース代金に入っているのか、チェックしておくことが大事です。

延長料金は高いか?

決められた施術分は終了したものの、結果に納得できない場合は、追加で脱毛してもらえます。

その際、初めから追加施術の値段が決まっているサロンがあります。それが高すぎるとイヤな感じがするので、あらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。

以上、脱毛希望の男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を詳しく解説してみました。

現在、脱毛はブームと言える状態です。サロンも続々とオープンし、新規客を獲得しようと必死です。毎月のようにキャンペーンを実施しているので、公式サイトなどを小まめに調べるようにしましょう。

医療脱毛クリニックを上手に選ぶには?

「勧誘が悪質でしつこい」
「施術時の痛みがとんでもなく強い」——

昔、脱毛に関してはそのような良くないイメージがつきまとっていました。しかし、国による規制強化、そして新技術の開発もあって、状況は一変しました。

さらに施術料がグッと値下げされたこともあり、客層は十代の若者にまで広がっています。
有名人を起用したTVコマーシャルや駅のホームの看板を見て、「自分も脱毛にトライしてみるか」と考える人もいるでしょう。

脱毛の施術を受けるとなったら、出かける場所は2つしかありません。脱毛サロン、あるいは医療クリニックです。カウンセリングを受けて契約し、数ヶ月から数年、部位がツルツルになるまで通いつめることになります。

サロンの方が値段がリーズナブルなので、そちらを選ぶ人が以前は多かったのですが、最近は医療クリニックの利点も認識されるようになり、どちらにするか迷ってしまう人もいるようです。

そこで、このサイトを立ち上げました。
脱毛にトライしたい人向けに、医療クリニックの長所・短所、施術に使われる技術、そしてクリニックを選ぶ時のポイントなどについて、細かく説明していきたいと思います。

クリニックではどんな脱毛がおこなわれるのか?

クリニックで脱毛
上で書いたように、脱毛しようと決めたら、サロンか医療クリニックのどちらかに足を向ける必要があります。専用機器で脱毛をする点は2つとも同じなのですが、もちろん違う点もたくさんあります。

では医療クリニックに関しては、どのような特徴があるのでしょうか?

1)脱毛にレーザー光線を用いる

医療クリニックの大きな特徴は、施術にレーザー光線を用いる、という点です。

この脱毛技術は、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ.A.パリッシュが雑誌に発表した論文「選択的光熱凝固理論」に基づくもの。レーザーを応用した脱毛方法の発見は、長い脱毛の歴史でも画期的な事件でした。

それまで、脱毛は特殊な電気針(プローブ)を使う方法がメインでした(これを「ニードル脱毛」「美容電気脱毛」と呼びます)。1875年、逆さまつ毛の治療用に眼科医チャールズ・E・ミッチェルが考案したもので、毛穴にプローブを差し入れ、弱い電気を通して発毛をストップします。

この方法は優れた効果を備えていますが、なにしろ手作業でプローブを挿入していくために時間と手間がかかり、それだけ施術料も割高になってしまいます。
しかも相当な痛みが伴うため、顧客も施術には相当な我慢を強いられます。

この状況に革命をもたらしたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛はレーザー光線のパワーでムダ毛を処理する脱毛方法。レーザー光というのは単色光、つまり単一の波長を持った光子の集まりで、他の光のように広範囲に拡散せず、同じ方向にまっすぐ進みます。

さらに大事な性質は、波長に応じて特定の色だけに作用する、という点。
レーザー光線は吸収されると熱エネルギーに変わるため、色のついたモノに甚大なダメージを与えることができます。

脱毛に際しては、毛に3%ほど含まれているメラニン色素に作用するよう、媒質や光学素子によって波長を700nmから1000nmに調節します。これでムダ毛に向けられたレーザー光線は黒いメラニン色素に吸収されて熱エネルギーに変化。
その温度は65度〜70度まで達します。

やがてその高熱が毛包全体に伝わっていき、発毛組織である毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛が伸びるのを防ぐのです。

この脱毛方法の良いところは、あくまで破壊の対象はメラニン色素だけであり、表皮などの周辺組織にダメージを及ぼさない点です。 施術そのものはレーザー光線を肌に当てるだけなので、たいへんスピーディー。
ニードル脱毛のような面倒な手間はいりません。

開発当時、照射できる光線はルビーレーザーだけでしたが、今はアレキサンドライト、YAG、ダイオードといった波長の異なるレーザーが色々あり、施術対象や毛の直径に応じて選択することができます。

2)永久脱毛ができる

まだまだ脱毛についてはその詳細が一般に知られておらず、「1回施術を受けると、そのパーツの毛は死ぬまで伸びてこない」と勘違いしている人がいます。

しかし、毛球部分は非常に強い組織で、少々損傷をこうむってもすぐにその機能は回復します。1度光線を照射したくらいでは損傷もさほどではなく、さらに毛には毛周期という成長のサイクルがあるため、それに応じて施術を継続する必要があります。そうやって2ヶ月に1度の割合で施術するうちにムダ毛が生えなくなり、その部位が無毛となります。

サロンでもクリニック同様、毛根に作用する光線を用いますが、その出力が抑えられているために、毛母細胞はただ一時的に衰えるだけです。数年もすると発毛機能は復活し、ムダ毛が再び伸びてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは出力の強いレーザー光線を使うため、毛根が完全に死滅する可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)必ず医師が施術をおこなう

上の説明通り、サロンの脱毛方法は毛根に作用するものではありますが、レーザー脱毛ではありません。サロンのマシンで使われる光とレーザー光線を比べると、パワーの点で銃弾と砲弾くらいの差があります。
「まず事故など起こらない」とされているので、サロンの施術担当者には特に資格はいりません。

ところがレーザー脱毛となると、光線自体が比較にならないほど強烈ですから、操作ミスがあると重篤な火傷につながりかねません。そのため機器を操作するのは、万一の時に対応できる医師に限られています。もちろん、火傷治療が可能な設備もそろっているので、その点でも安心できます。

医療脱毛の良い点と悪い点

良い点と悪い点

良い点

・医師が脱毛をおこなうので、施術時にトラブルがあってもすぐに対応できる
・脱毛効果がサロンよりはるかに高く、毛深い人でも肌をツルツルにできる
・脱毛完了までの施術期間が短く、通院する回数も少なくてすむ

悪い点

・キャンペーンが多くてお得なサロンと比べると、料金がかなり高い
・部位によっては照射時の痛みが相当ひどく、施術自体が嫌になる
・肌が弱いと、レーザー光によって毛膿炎や炎症が生じるケースがある

医療クリニックとサロンはどう違う?

どう違うか考える
上のセクションでも少しだけクリニックと脱毛サロンの違いに触れましたが、ここでさらに相違点を書いておきます——

料金

脱毛サロンは昔から女性雑誌に大きな広告を出していますが、そこには大抵「値下げキャンペーン」「期間は○日まで」などと書かれています。
これで分かる通り、サロンのセールスポイントのひとつは料金の安さです。

一方医療脱毛クリニックに関しては、医療機関ということもあって施術料がディスカウントされることは滅多にありません。

ここで、脱毛完了までお金がいくらかかるのか、サロンと医療クリニックの施術料を書き出してみましょう。

まず脱毛サロンから。全国にいくつも店舗がある大手サロン20社の公式サイトから、パーツ別の平均費用を算出してみたところ——

・全身…164,700円
・ワキ…16,833円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円

という金額になりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索結果によく出てくる20院の平均料金を出しました——

・全身…401,945円
・ワキ…14,825円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円

これで分かるように、医療クリニックの方が脱毛サロンより料金が高めです。特にその違いが大きいのが顔脱毛で、クリニックの施術料は脱毛サロンの3倍を越えています。

効果

上で記したように、サロンと医療クリニックでは施術方法の違いがあるため、効果に関してもかなりの相違が生じます。

サロンで主に使われている脱毛方法は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンの脱毛方法の代表的なもので、店によっては光脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれています。ワンショットにおける処理範囲が広いため、足や背中などの部位も短時間で施術可能。照射出力も抑えられていますから、痛みは軽くなっています。

他の方法もそれぞれ特徴があるのですが、いずれにしてもサロンの施術というのは「抑毛」「減毛」効果しかありません。施術後は肌が無毛になりますが、その状態は大体数年しか続かないのです。

一方、医療クリニックではレーザー光線によって脱毛します。

レーザー光線には媒質の違いによって、YAG、アレキサンドライト、ダイオードといった種類がありますが、どれもサロンの光線とは段違いの破壊力を秘めています。

確実に肌を脱毛したいのなら、やはりレーザーによる施術をクリニックで受けるべきです。

保証

クリニックと脱毛サロンは色々違いがありますが、保証については大きな差はない、と言えます。

心ゆくまで何年も施術を続けられる「永久保証」、ある程度まで有効期限を延ばせる「期間保証」、中途解約時に一定の金額を払い戻してくれる「返金保証」などは、クリニックにもサロンにもあります。

ただ、クリニックによって種類・条件などは色々と違いがありますから、公式サイトで事前にチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの相違点に関し、意外に言及されないのが支店(支院)の数です。

「それって大切なの?」と思われるかもしれませんが、施術は毛の成長サイクルに応じておこなわれるため、どうしても完了までにある程度の日数がかかります。つまり最低でも数ヶ月、さらに大掛かりなプランになると、数年間は施術に通わなければなりません。

そうなるとその間に生活環境が変わってしまう人も出てきます。引っ越し・転勤がそうですが、新しい住居の近くに契約していたクリニックの支院がないため、せっかく払っておいた施術料がムダになる場合があります。

部分脱毛なら数万円くらいですむでしょうが、全身脱毛のプランになると、前払いの金額が20万を越えるケースも少なくありません。転居でそんな大金がムダになるのは避けたいところです。

大手サロンなら全国色々な街に店舗があり、引っ越し先でも施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックだと首都圏だけに数院、という場合もあり、引越し先に支院がないことも多いようです。

そんな状況を考慮すれば、よく転勤・引っ越しをするという人は、全国に店舗の多い有名サロンを選ぶ方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニック選びでの留意点は?

留意ポイントは?

施術料はどれくらい?

医療脱毛クリニックに通おう、と決めた時、まず確認したくなるのはその料金でしょう。

上で述べたように、医療クリニックはサロンより割高ですが、たとえばコマーシャルでその名前を知られている「湘南美容外科クリニック」は、初回の部分脱毛が相当リーズナブルになっています。両脇など、6回施術できて1,000円しかかかりません。

一部の部位を格安で施術してくれるクリニックは他にもあるので、ぜひサイトなどで調べてみて下さい。

痛みを軽減できるか?

レーザー脱毛のデメリットのひとつが照射時の痛みです。最近ではそれを軽減しようと、新しい機器を導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では「ジェントルレーズプロ」というマシンを使っています。これは部位を冷却することでレーザーの痛みを軽減。しかも麻酔代もタダです。痛みがイヤ、という人にはピッタリでしょう。

支院は多いのか?

全国に支院が多いのか、というのも見逃せないポイントです。

顧客がそれだけ多い、ということで信頼性が違いますし、予約も入れやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は全国に支院が多く、引っ越ししても施術をそのまま続けられる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックの情報・選び方のポイントなどを詳しく述べてみました。いかがだったでしょうか。

「料金が高め」「照射時の痛みが強い」などの理由からクリニックを敬遠する人も少なくないと思います。
しかし確実な効果を得たいなら、サロンよりクリニックのレーザー脱毛をおすすめします。

どうかこのサイトを参考に、自分にふさわしい医療クリニックを選んでください。

家庭用脱毛器を買う時に失敗しないためには?

最近は美容に対する意識が高まり、脱毛に関しても昔のような「お金持ちの贅沢」というイメージは薄くなりました。
テレビでもサロンや医療クリニックのCMがよく流れていて、気楽に脱毛する人が増えています。

また時間の余裕のない人の中には、家庭用脱毛器を購入し、気になる部位のお手入れをしている方もいるようです。

「1度脱毛してみたいし、自分も買ってみようかな」と考えている人もいるでしょう。ただ、安いとは言えない商品ですし、その種類も目移りするほど豊富です。後悔しないためにもその効果・特徴、長所・短所、また自分の肌に合うかどうかについてもきっちり把握する必要があります。

そこでこのページを立ち上げてみました。以下、家庭用脱毛器が気になるという人のために、その選び方等について解説していこうと思います。

家庭用脱毛器って一体どんな器具なの?

家庭用脱毛器
ムダ毛処理用のツールというのは色々なものがありますが、それらは大きく2つに分けられます。つまり、肌表面に出た毛だけを処理するもの(カミソリ・電気カミソリ・クリームなど)と、ムダ毛を毛根部分から引き抜くもの(毛抜き・ワックス・脱毛テープなど)です。

これらのうち、前者はいわゆる「除毛」であり、「脱毛」とはいえません。
そして後者は肌に隠れた部分を含めて毛を処理するので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、発毛機能はそのままなので、すぐに毛は再生します。

ムダ毛がずっと伸びないようにするには、これまで脱毛のプロの手で施術を受けるしかありませんでした。

そんな中で販売されたのが家庭用脱毛器です。これは脱毛したい人にとってこの上ない朗報でした。

何しろサロンやクリニックの場合、脱毛が終わるまでに数ヶ月〜数年は必要です。その間に脱落する人も少なくないですし、その費用が10万円を越えることもザラにあります。

それが家庭用脱毛器だと、もっと格安に店レベルの脱毛ができるのですから、大人気になったのも当然でしょう。

ただ、1番安いものでも2万円はかかりますから、いざ購入という段になると商品選びには慎重になってしまいます。

以下の情報やコツをしっかり理解して、自分の予算・目的に沿ったものを選んで下さい。

購入時に留意すべき点とは?

注意すべき点
家庭用脱毛器は、機種・方式によって効果のあるなしが明確に分かれる器具だと言われています。
「値段が格安だったから」「デザインが自分好みだったから」といった理由で安直に買ってしまうと、後でガッカリする場合が多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失望しないためにはどうしたらいいのか、そのコツを述べてみます——

使い勝手の良さを重視

家庭用脱毛器についての悪い口コミをネットでチェックしてみると、

「『効果的にムダ毛の手入れができる』という評判なので買ってみました。でも持つ箇所が重すぎて、処理をしていると手が疲れます」

「1回の照射範囲が狭すぎて、広い部位の処理には時間がかかってしまいます」

「動作音がうるさくて、夜中はとても使えません」

などの意見が目立ちました。このように「使用感に不満がある」という理由から、せっかく購入したけど使用をいつの間にかやめてしまった、という人もいるようです。

こんな結果にならないため、前もって照射面積、連射機能、最大出力レベルについてはサイトなどでチェックするようにしましょう。また近所に家電店があるなら、色々と商品を触ってみて、どれくらいの重量なのか調べた方が無難です。

コストパフォーマンスの良し悪し

脱毛器購入時によくあるのは、格安で本体を手に入れたものの、消耗品のコストが思った以上にかかり、結局はガッカリしてしまう、というパターン。

家庭用脱毛器は2万円台というリーズナブルな機種から、10万円以上のハイレベルな製品まで色々売っていますが、使うと確実に消耗していくカートリッジの経費を忘れてはいけません。

買う前には、本体価格・プラス・カートリッジの費用、そしてその交換頻度について、忘れずに確認しておきましょう。

脱毛効果をしっかり理解する

脱毛サロンと医療クリニックではそれぞれ脱毛方式が異なりますが、家庭用脱毛器でも各商品で違う方式が採用されています。現在、フラッシュ式、レーザー式、超音波式が主な方式となっていますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

脱毛部位、あるいは効果をどれほどあげたいのかは使う人によって差がありますから、各方式の得意・不得意を理解しておいた方がいいでしょう。

また、「1回の手入れで手間はどれほどかかるか」「顔やVIOなどの敏感なパーツにも使えるか」といった細かい点も、なるべくチェックしておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つのファクターは、しっかり留意しましょう。

家庭用脱毛器を使う上でのメリット、デメリット

メリット、デメリット

家庭用脱毛器のメリット

・サロンや医院の予約に束縛されず、自分のヒマのある時間に脱毛ができる
・施術場所に交通費をかけて出かける必要がなく、お金が節約できる
・あまり他人に見られたくないパーツ(VIO、乳首周りなど)もゆっくり脱毛できる
・自分の肌に合わせて照射レベルを変えられるため、照射時に感じがちな痛みを軽減できる

家庭用脱毛器のデメリット

・家電としては値段が高く、また消耗品のカートリッジを補給し続ける必要がある
・海外製には照射パワーが強すぎるものがあり、肌トラブルが起きやすい
・プロの手による脱毛と比べると、効果を感じるのに日数がかかる
・体の裏側にある部位(お尻、うなじ、背中)は処理がやりづらい
・肌トラブル(切り傷、炎症、火傷など)が起こっても、あくまでも自己責任になる

家庭用脱毛器を使って永久脱毛はできる?

永久脱毛はできる?
ほとんどの家庭用脱毛器は、脱毛原理という点でサロン・クリニックのマシンと同じものです。ただ、トラブル回避のために家庭用のものは照射パワーが抑えられているので、永久脱毛はできないようになっています。

なお、勘違いしている人が多いのですが、サロンでの施術は正しくいえば「抑毛」にすぎません。毛根は破壊されるのではなく弱体化するだけなので、数年経つと毛が復活してきます。

永久脱毛希望の人は、レーザー脱毛をやっている医療クリニックに行きましょう。

脱毛方式の種類にはどんなものがある?

脱毛方式の種類
家庭用脱毛器の脱毛方式をいくつか紹介してみましょう——

フラッシュ式

こちらは脱毛サロンと同じ方式で、ほとんどの家庭用脱毛器に使われています。IPLという特殊な光を肌に照射すると、表皮の奥に隠れた毛根の発毛機能が熱のせいで弱体化。時間をおきながら継続で照射していくと、そのパーツの毛が生えなくなります。

最大の長所は照射口が大きく、ワンショットでの照射面積が広いこと。
そのためムダ毛の手入れが素早くでき、打ち漏れも少ないので、腕、足などの広いパーツを脱毛するにはピッタリです。

照射パワーもレーザー式ほどではなく、火傷の危険性も少なくなっています。痛みももちろん軽微ですみます。

その代り、脱毛完了まで日数がかかるのですが、それでも最初の照射から1年くらいで毛が細くなり、自己処理が不要となります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックのマシンと同じ方式です。肌に当てられたレーザーライトがムダ毛の黒いメラニンに反応。その結果、毛根部位が高熱に包まれて発毛機能がダメージを受けます。

レーザーはフラッシュ式よりもずっと狭い範囲に集まるので、効果的な手入れができます。
硬い毛、あるいは指や顔の一部などを脱毛したい人にもってこいです。

完了までの期間もフラッシュ式より短く、2週間に1度照射を続ければ、3ヶ月くらいでムダ毛が細くなってきます。

ただ足、腕、背中といった広いパーツを手入れする場合、どうしても1回の照射に手間がかかりますし、打ち漏れの可能性も出てきます。

また、大きな短所として見逃せないのが、「痛み」です。ネットでも「瞬間的な痛さだけど、あっと叫んで飛び上がりそうになった」「照射直前は怖くて冷や汗が出る」といった感想が投稿されていて、予想以上の痛みだと思っておいた方がいいでしょう。

特に骨付近のスネなどの部位、脇、デリケートゾーンは相当痛いようなので、照射出力を上げすぎないことが大事です。

また、黒に近い色の部分(シミ、ホクロ、日焼け)にはライトが反応することもあるので、くれぐれも照射は避けて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピッカーと呼ばれるピンセット状の部分でムダ毛をつまみ、そこに微弱な電流を流すことで処理を行います。フラッシュ式やレーザー式のような強いライトを使わないので、眉毛や額の生え際など、目に近いパーツのムダ毛を処理できます。

また、ライトによる方式だと日焼け肌のムダ毛や白髪は手入れできないのですが、高周波ならこれらの毛の処理も可能です。

ただ、脱毛は1本ずつになるため、背中、足、腕といった広いところには向いていません。

なるだけ素早くムダ毛処理をしたいという人には、フラッシュ式の方がいいでしょう。

以上紹介してきた3方式は、すべて毛根組織に損傷を与えて脱毛処理をおこないます。そしてそれらとはやり方が違うのですが、やはり「脱毛器」と呼ばれている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても一応説明しておきます。

まずサーミコン式脱毛器ですが、ムダ毛をヘッド内蔵の熱線で焼き切ります。あくまで肌の表面に出ている毛を処理するだけで、毛根部分には何もしません。つまり正確には「除毛」に分類されます。

ただ、これで処理すると毛先が丸くなるため、カミソリによるチクチクが苦手な人には役立つでしょう。

最後に「ローラー式」です。これはムダ毛をローラーヘッドに絡ませることで手入れをおこないます。

方法自体は毛抜と変わりません。ただ、広範囲を素早く処理できるのがメリットです。
もちろん毛穴や肌への負担は相当なものなので、おすすめはできかねます。

売れ筋の家庭用脱毛器の価格は?

家庭用脱毛器の価格は?
家庭用脱毛器を購入する際に1番気にかかるのが、その値段でしょう。

公式サイトに基づき、売れ筋の家庭用脱毛器の値段をまとめてみました——

ノーノーヘア…12,800円

エピレタ…17,800円

センスエピX…29,800円

ラヴィ…39,800円

トリア…54,800円

ローワン…54,800円

フィリップス…66,880

2PSクリスタル…69,800円

ケノン…69,800円

ダブルエピ…81,000円

レイボーテグランデ…108,000円

以上、1番安い機種は12,800円、そして1番高い機種は108,000円となっています。

上で言ったように、購入時はカートリッジの存在を考慮する必要があります。本体価格とカートリッジの合計がいくらなのか、自分であらかじめチェックしておきましょう。その数字を比べることで、本当の値段の差が分かります。

たとえば上記のうち、特に知名度のある4つについて、その照射コストを並べてみると——

・ケノン
1回の照射コスト…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(オールインワンセット)
1回の照射コスト…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
1回の照射コスト…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
1回の照射コスト…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

この結果を見て、「1回の照射コストの差なんて、ほんのちょっとだ」と高をくくる人がいるかもしれません。しかし脱毛は、一旦開始すると2週間ごとに1回照射を続ける必要があります。つまり、1回ならわずかの費用でも、何回も照射することで思った以上に蓄積されていくのです。

また、チェックする人が案外少ないのが「照射範囲」です。ショット数は1回の照射範囲が大きいとそれだけ減少しますから、カートリッジ代も節約できます。

トリアなどレーザー式なので、狭い範囲にしか照射できません。そのためフラッシュ式のラヴィやケノンに比べ、照射面積は2分の1を下回っています。

広い部位の毛を処理したい場合、各商品の1回の照射コストと照射面積がどれくらいなのか、よくチェックしておきましょう。その上で、なるべくお得な機種を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の選び方のコツ、長所・短所などについて詳しく解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で述べたように、家庭用脱毛器はその脱毛方式や機種によって効果や用途が異なります。
また本体の値段とともに、消耗品であるカートリッジの維持費をきっちり知っておくことも肝心です。

ぜひ自分に見合った脱毛器を選び、心地よい脱毛生活を送って下さい。