2018年 9月 の投稿一覧

ワキ脱毛がおすすめ

ワキの美しさのためにも脱毛がおすすめ

気候が暖かくなると、肌を見せる機会も増えてきます。
特に夏たけなわともなると、半袖やノースリーブで行動することが多くなるでしょう。

その時に注意しなければならないのが、ワキのムダ毛です。

処理がしっかりなされていないと、腕を無防備に上げた時に他人に見られてしまい、とんだ恥をかくことになります。

ただ、ワキ毛の処理というのはかなり手間がかかります。カミソリを使っていると、怠けるとすぐブツブツが目立ってきますし、毛抜きだと痛みのせいで処理自体が億劫になります。

「自己処理が面倒だから脱毛してもらおうか……」

そう考えている女性も多いでしょう。でも初心者にとって、脱毛してもらうというのは結構ハードルが高いものです。

「脱毛ってどれくらいの期間がかかるの?」
「完了までに必要な施術の回数は?」
「痛みが伴うという話だけど本当?」
「料金は最終的にいくらかかる?」

結局、これらの疑問のせいでウジウジと悩み、サロンには行かないまま自己処理をやっている、という女性も少なくありません。

そこで、このページではワキ脱毛に関する詳細、そしてサロンの選び方について説明し、初心者の疑問に答えてみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

「脱毛」とはそもそもどんなもの?

ワキ脱毛の情報を紹介していく前に、まず「脱毛とはそもそもどんなものか?」ということを説明します。

勘違いしている人がまだまだ多いのですが、サロンや医療クリニックにおける「脱毛」というのは、別に一本一本の毛を抜いていくものではありません。脱毛は毛を生やさないようにする技術であり、そのターゲットは、皮膚の中に隠れている毛根なのです。

脱毛は歴史が古く、以前は電気針を使って毛根を焼き切っていました。
しかし今は技術革新が進み、特殊な光を肌に照射して発毛を阻害しています。

この時に照射されるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)などの光は、黒いメラニン色素だけに反応し、熱エネルギーに変化する性質を持っています。部位に当てると皮膚は素通りしてしまい、毛母細胞、毛乳頭などの発毛組織だけにダメージを与えます。

この方法は脱毛の歴史を変える画期的なものでした。おかげで施術は手軽なものとなり、最近では従来の顔、脚に加え、VIOなどの特殊な部位も脱毛する人が出てきました。

その中でもワキは最もポピュラーな部位。
初心者の大部分は最初にワキを施術してもらうと言われています。

また、ワキは汗腺が集中しているところでもあります。そのせいで汚れや老廃物が溜まりやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)などの肌トラブルが起こりやすくなっています。

ワキの健康的な状態をキープするためにも、ムダ毛をすっきり脱毛し、自己処理とサヨナラしましょう。

気になるワキ脱毛の施術回数、料金、痛みについて

ワキ脱毛のメリットは以上の説明で概ね理解できたと思います。

「そんなにメリットがあるなら、すぐにサロンと契約して施術を受けたい」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンで施術を開始するとなると、以下のようなことが気にかかると思います——

・施術回数は最低でもどれくらい必要なのか?
・料金は全部でいくらぐらいかかる?
・施術時の痛みはあるのか? あるとしたらどれくらいか?

これらのポイントについて、順番に説明していきましょう。

まず施術回数について。ご存知の方もいるでしょうが、脱毛というのは、1、2回程度の施術では完了しません。ムダ毛を完全に処理するには毛が生え変わる周期も関係するため、意外に長い期間が必要です。

特にワキは顔や脚よりも施術回数は多め——。太い毛が集中的に生えているうえに、毛根が深い箇所にあるため、他の部位に比べて施術が手間取るからです。

もちろん毛の質などによって違いはありますが、脱毛完了まで12回から18回、と考えておけばいいでしょう。

続いて、いくらくらい料金がかかるのか?

これについてはサロン次第という他はありません。というのも、店舗によってかなりの違いがあるからです。たとえば、古くからの顧客を抱えた高級サロンの中には、かなり高額な料金をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛については初心者向けのプランがそろっていて、値段は一般的に安めになっています。

「特にリーズナブルな店はないか?」と思ってネットでチェックしてみたところ、おすすめしたい店を見つけました。

それは「ミュゼ」。広告などで知っている人もいるでしょうが、全国に支店のあるチェーンサロンです。

オススメしたいのは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。

なんと料金の方は、缶ジュース並みの100円。一瞬目を疑ってしまいます。

こんな安価で施術してくれるサロンは他には見つかりません。脱毛初心者にはピッタリです。

さらにミュゼが凄いのは、料金だけがメリットではないこと。

実は、サロンでのフラッシュ脱毛というのは毛穴に高熱が生じるため、どうしても多少の痛みを感じます。ミュゼはそれが軽減されるように企業努力を重ねているのです。

具体的に言うと、脱毛サロンのほとんどがIPL方式の脱毛機を使っているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を採用しています。

その違いですが、IPL方式はキセノンランプを使い、インテンスパルスライトを照射します。そして一方のSSC方式では、クリプトンライトという新型を使用します。

キセノンランプはそれ自体に脱毛効果が備わっていますが、クリプトンライトは単独では効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、照射の前、肌に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを当てると毛根部分が損傷を受け、発毛が阻害されるのです。

SSC方式の最大のメリットは、光のパワーが弱くても脱毛効果がある、という点。ジェルとの組み合わせによって毛根にダメージを与えるため、高熱にする必要がありません。したがって痛みもほとんどなくなるわけです。

「痛みに耐えられないので脱毛はイヤ」という女性もいるそうですが、ミュゼのSSC方式ならその心配も無用です。

ワキ脱毛で失敗しないために

「ミュゼなら格安。おまけに痛みがない」と書きましたが、お住まいの近くに支店がないこともあります。
そんな時は、他のサロンを探さなければなりません。

ただ、今は脱毛ブームのせいで新規の店が増え、以前よりもサロンの数が多くなっています。初心者は目移りして、どこにすればいいのか迷ってしまうでしょう。

また、各サロンが”格安”をうたってキャンペーンを行っているのですが、これもプランがややこしく、どこがリーズナブルなのか判断が難しい……。

そこでサロンを探す際、注意すべきポイントを3つほどあげてみます。

施術可能回数が少なすぎるサロンはやめる

まだまだ脱毛の詳細について未知の人が多く、たとえば1回施術するだけでその部位のムダ毛は一生生えてこない、と勘違いしている方がいるようです。

もちろんこれは間違っています。1、2度の施術では、脱毛効果を得ることなどできません。確かに施術してから10日から1ヶ月ほど経つと無毛状態にはなりますが、さらに時間が経つとまた新しいムダ毛が生えてきてしまいます。

発毛自体を止めるには、IPLやレーザーといった特殊な光を数ヶ月から数年かけて当て続ける必要があります。

しかもワキのようなムダ毛の密集部位では、上で述べたように12回から18回の施術が欠かせません。

というわけで、安いからといって施術回数が12回に達しないプランを契約してしまうと、「結局は追加施術」という結果になります。
そうなると高めのプラン以上の費用がかかることは確実です。

追加施術なしに脱毛するためには、あまりに安いプランは無視し、何度でも施術ができるコースを選ぶようにしましょう。

契約前に返金制度や施術期限についてよく知る

ワキ脱毛を開始したら、3年間は定期的にサロンに通わなければなりません。

しかし通い始めたものの、「スタッフが不親切」「効果が疑問」などの理由で、契約を中途で打ち切りたいこともあると思います。

そんな場合、当たり前ですが店側は渋い顔をします。ほとんど施術回数を消化していないのに、返金が半額に達しない、というサロンもあるようです。

もし中途解約する怖れのある人は、契約書に同意する前にスタッフに解約条件について訊ねておきましょう。

また店によっては、契約日からある日数が経過すると施術そのものができなくなる、というところもあります。事前にその点も確認しなければなりません。

いずれにしても「脱毛には時間が必要」ということを念頭に置き、なるべく回数や施術期間に制約のないサロンを選びましょう。

施術後のケアをしっかり行ってくれるか?

ワキのケアはムダ毛処理だけでは終わりません。見栄えを良くするには、黒ずみなどの肌トラブルを改善することも重要。

そのためには肌の潤いをキープする必要があります。

上述したように施術を受けた毛穴はかなりの熱にさらされるため、周辺の肌は乾燥しがちとなります。

脱毛サロンにはそれを考慮し、施術後の保湿サービスを念入りに行っているところもあります。

こうした店だと美肌効果も期待できますので、一挙両得です。

脱毛サロンと医療クリニックにどういう違いが?

ワキに限らず、脱毛全般を行ってくれるのはサロンだけではありません。医療クリニックでも施術はできます。

ではサロンとクリニックの施術には、どんな差があるのでしょう?

現在、脱毛サロンで主流となっているのは、光(フラッシュ)脱毛。そして医療クリニックでは、もっぱらレーザー脱毛を行います。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛でどんな違いがあるのかというと、毛根部分に損傷を与えるパワーです。

レーザー光の威力はものすごく、毛根の組織は徹底的に破壊されるため、いわゆる「永久脱毛」も可能になっています。

また脱毛完了までの回数も、フラッシュ脱毛は10回以上ですが、レーザー脱毛の場合、上手くいけば数回で終了します。

「なるべく短期間で脱毛を終えたい」と考えている人なら、レーザー脱毛を選んだ方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛の料金は安いのか?

ワキ脱毛は大変格安です。
そのせいもあるのか、初心者は最初の脱毛箇所としてワキを選ぶことが多いと言われています。

では、なぜワキ脱毛は安いのでしょう?

最初に考えられる理由としては「ワキが元々狭い部位だ」ということ。

脱毛の料金は施術する面積によって決定されることが多く、その点でワキは安価なパーツなのです。

そして続いて考えられるのは、サロン側の”戦略”です。

上に述べたように初心者は最初にワキ脱毛をしようとするため、「その料金を下げることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしてもワキは手軽な部位です。サロンの技術も分かるので、施術はワキから開始するのが無難でしょう。

脱毛完了後、効果に不満足だった場合は?

何回もの施術の末、ワキ脱毛がようやく完了。でも、その結果に満足できない——。

そんな時は施術を続行することもできますが、追加の料金がかなりかかります。

そんな事態を避けるために、少し料金は高いのですが、最初の契約時に12回以上のプランを選びましょう。

また、そのサロンから他店に乗り換える方法もあります。しかしそれだと最初のカウンセリングからやり直す必要があり、手間と時間がムダです。

とにかく施術期間と回数は多めに見ておき、なるべく施術回数に余裕があるサロンと契約しましょう。

脱毛の後、ワキ汗が増えてしまう?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、言及しておきます。

実はネットで「ワキ脱毛」を検索していると「脱毛後、ワキ汗の量が増えた」という口コミを見かけることがあります。

こんな現象が本当に起こるのでしょうか?

答えを先にいいましょう。そんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗がひどくなった」と勘違いする人は実際にいるようです。

その理由は——

「ワキ毛がなくなったため、せき止められていた汗が肌を流れるようになり、量が増えてしまったと勘違いする」

ということのようです。

つまり感覚の問題にすぎず、汗の量が増えたわけではありません。

しばらくするとその感覚が普通となり、違和感も覚えなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? 様々な点から、ワキ脱毛の情報、サロンの選び方について紹介してみました。

ぜひ、これらの情報を参考にしながら、自分好みのサロンを見つけて下さい。

ムダ毛処理が完了すればワキへの視線も気にならなくなり、肌の状態も良くなっていくはずです。

脱毛が毛穴に及ぼす効果とは?

脱毛してもらった女性

脱毛が毛穴に及ぼす効果とは?

サロンやクリニックで脱毛してもらったら毛穴がなくなる、と考えている人がいるそうです。

ネットをチェックすると「汗が排出されなくなるのでワキガになる」とまことしやかに書かれた文章も見かけますが、もちろんそんなことはありません。

そもそもサロンやクリニックの施術では毛根にアプローチして毛が生えないようにするだけで、毛穴そのものは脱毛後も立派に存在し続けます。

ただ脱毛前に比べると確かに毛穴は目立たなくなるので、「毛穴がなくなったのでは?」と勘違いしてしまう人も出てくるのでしょう。

ではなぜ毛穴が目立たなくなるのでしょうか?

それは施術前に必ずおこなっていた自己処理をしなくなったからです。

例えば、毛抜きを使った自己処理は炎症につながり、毛穴を目立たせてしまう一因となります。

またカミソリの使用は、保湿に不可欠な角質を奪ってしまうため、肌の乾燥を導く原因となってしまいます。

これらの使用をやめたことで、肌のコンディションが格段に良くなり、毛穴が目立たくなったわけです。

つまり脱毛というのは毛をなくしてツルツルにするだけのものではなく、キメを整えて美肌を作る、という効果も期待できます。

しかし、せっかく脱毛してもらっても、しっかりと肌のケアを続けなければ元も子もありません。

美肌づくりに欠かせないのは、何といっても保湿です。

肌の水分の構成要素は、皮脂、天然保湿因子(アミノ酸類、尿素など)、角質細胞間脂質(セラミド)の3つ。

それらの配合されたケア商品を使って保湿をしっかりとおこない、肌の潤いを保ちましょう。

平塚の人気脱毛サロンランキングTOPへ

家庭用脱毛器 ケノン

ムダ毛が悩みという人

家庭用脱毛器・ケノンとは?

ムダ毛が悩みという人には、

「サロンに行きたいけど、お金と時間がかかるのがイヤ。自宅でサロン並みの効果が体感できる脱毛機器ってないだろうか……?」

と考えている方も多いのではないでしょうか?

そんな人にピッタリなのが、エムロック株式会社が販売している家庭用脱毛器・ケノン。脱毛機器としては異例のベストセラーとなっていて、出荷台数はすでに50万個を越えています。

ケノンの原理は脱毛サロンと同じ。IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を照射することで熱エネルギーを起こし、毛の組織を根元から破壊します。

照射面積がサロン並に大きいため、処理の時間もあっという間。さらに出力を10段階調整できるので、敏感な部位でも痛みを感じることがありません。

目の周り、Iライン(大陰唇や小陰唇の周辺)、Oライン(肛門を中心とした部位)をのぞけば、全身のムダ毛すべてに使えます。

以下のように、口コミサイトでの評判も上々——

「使用開始後、腕や足の毛がすぐに生えてこなくなりました。毛の濃いVライン脇には時間がかかりそうですが、それでも明らかに毛が薄くなっています」

「この半年間、週に1〜2回ほど継続使用しています。おかげでひざ下・腕のムダ毛処理の回数がグッと減りました。指にも使えるので助かります」

「カートリッジが初めから装着してあるので、電源コードをつなぐだけですぐに使えます。痛みもなく、使いやすいと思いますね」

今や家庭用脱毛器の代表的商品となったケノン。脱毛サロンに通う前に1度試してみてはいかがでしょうか?

平塚の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛は痛くないの?

悪いイメージをもっている人

痛くない脱毛サロンはどこか?

「脱毛の施術は痛い」というイメージをもっている人も多いと思います。
実際、ネットで「脱毛」と検索すると、「痛い」という関連ワードが上位に出てきます。

こんなイメージがついたのは、美容電気脱毛(ニードル脱毛)という方法のせいでしょう。これは毛根に熱ダメージを与えるため、1本1本の毛穴に針を刺していくというもので、施術に時間がかかる上、かなり痛いものです。

しかしこの方法も今はほとんど使われなくなりました。現在主流となっているのは、脱毛サロンでおこなわれる光脱毛(フラッシュ脱毛)と医療クリニックでのレーザー脱毛です。

どちらも原理は同じ。黒いメラニン色素だけに反応する光をムダ毛に照射し、毛根に高熱を生じさせて組織を破壊するという仕組みです。

このうち医療クリニックのレーザー脱毛は、毛根を完全に死滅させてしまうほど強力なものなので、それだけ周りの皮膚にも熱が移ってどうしても痛みがあります。

それに比べれば光脱毛(フラッシュ脱毛)の方は威力がレーザーほどではないので、痛みははるかにマシです。

さらに数多くある脱毛サロンの中でも、Dione(ディオーネ)という店は「痛みがほとんどない」と評判になっています。

ここで採用されている脱毛機器は従来のものと違い、毛根をターゲットにしません。その代わりに「毛の種」ともいえるバルジという部位を低温によって破壊。そのことでこれまでと同じ脱毛効果を得ます。

低温の施術なので痛みやかゆみが発生しません。肌への刺激がほとんどないため、アトピー肌、敏感肌、あるいは小さなお子さんでも施術が可能になっています。

もし痛みや肌への刺激を避けたいなら、Dione(ディオーネ)がおすすめです。

平塚の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛後の鳥肌

ぶつぶつについて

ムダ毛処理後のぶつぶつについて

ムダ毛処理の方法にも色々ありますが、カミソリや毛抜きを使った場合、鳥肌が立ったみたいに肌にぶつぶつができることがあります。

このぶつぶつには黒いものと赤いものがあって、実はそれぞれできる原因が違います。

まず黒いぶつぶつですが、これは「埋没毛」によるもの。

埋没毛とは何かというと、ウィキペディアにも項目があり、「剃毛・除毛あるいは脱毛などを行った後、何らかの原因によって皮膚内で発毛成長した体毛のこと」です。

ムダ毛を剃ったり抜いたりする行為というのは皮膚が傷つく機会が多いのですが、その傷が治る時にかさぶたが作られるため、それがフタになって毛が表面に出てこられなくなります。その毛が皮膚内で成長すると埋没毛と呼ばれる状態になるわけです。

埋没毛は放置しておくと自然に体外に排出されることが多く、それほど心配する必要はありません。
ただまれに炎症を起こすこともあるので、心配な人はクリニックでレーザー脱毛を行えば取り除くことができます。

そして一方の赤いぶつぶつ。こちらはムダ毛処理のせいでダメージを受けた肌に菌が入り込み、炎症を起こした状態です。

この場合、炎症が悪化するともっと重篤な皮膚炎である毛嚢炎(もうのうえん)が起きる可能性があります。

軽い症状で完治すればいいのですが、毛穴の深い部分まで感染してしまうと、ふくらみが巨大化しておできのような状態となり、痛みやかゆみが生じることもあります。

ひどい症状が続くと慢性化し、発症を繰り返す場合もあるので注意が必要です。慢性化すると炎症する範囲が拡がり、治っても肌に傷跡が残ることがあります。

そんなことにならないためには、ムダ毛処理後にしっかりと肌を保湿し、バリア機能を早く回復させるようにしましょう。

平塚の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロン 店舗変更

サロンでの脱毛

引っ越しなどの事情で店舗を変更することはできるの?

サロンでの脱毛というのは、1回や2回の施術では部分的にツルツルになるだけで、すぐにまたムダ毛が生えてきます。

効果をあげるためには間隔をおいて繰り返し施術する必要があり、「毛が薄くなってきた」と実感するのにおよそ半年から1年半。そして、自己処理が不必要な状態になるまでには1年半から3年ほどもかかる、といわれています。

3年も通い続けるとなると、生活自体に変化が起きる可能性もあります。引越しや転勤などのやむを得ない理由で、それまで行きつけだったサロンに通えなくなることもあるでしょう。

その店が月額制や都度払い制をとっている場合はそのまま施術をやめてもいいのですが、一括払いの場合はさらに施術を続けたいと思うのが当然です。

では、別の店舗でその契約を継続したまま施術を受けることができるのでしょうか?

各サロンの公式サイトなどをチェックしたところ、チェーン展開をしている脱毛サロンでは、同じ契約のままで店舗を変更できるところが多いようです。

中にはミュゼ、銀座カラー、シースリーのように、「チェーンのどの店舗でも自由に施術が受けられる」という太っ腹のサロンもあり、これらの店はスタッフに申し出る必要もなく、スマホで簡単に全国の好きな店舗の予約ができます。つまり「今日は渋谷店だったけど、次回は大阪で施術を受けたい」ということも可能なわけです。

またそれほど自由はききませんが、RinRin、キレイモといったサロンは事前に申し出れば店舗移動が可能です。

もし3年以内に引越しや転勤があると分かっているなら、上記のようなサロンで契約する方が無難です。

平塚の人気脱毛サロンランキングTOPへ

手作り脱毛ワックス

手作りのワックス

シュガーリング脱毛なら手作りのワックスでムダ毛処理が可能

みなさんはムダ毛を自己処理する時、どのような方法を取っているでしょうか?

カミソリ、毛抜きがなんといっても一般的ですが、脱毛テープ、除毛クリーム、あるいは電気シェーバーを使う人もいるでしょう。サロンの脱毛法が気に入って、家庭用の光脱毛器を買った人もいるかもしれません。

アメリカでは1960年代以降、ムダ毛のある部位にペーストを塗り、その上に布を乗せてはがすというワックス脱毛がポピュラーとなり、現在でもその方法でムダ毛処理をしている人が多いそうです。

そして現在、これまでのワックス脱毛に置き換わる方法として、砂糖やレモンを使った天然素材による「シュガーリング脱毛」が人気を集めています。

この脱毛法はアラブ諸国で古くから行われているもの。
天然素材ということで環境に優しい上、オーガニックの材料を使って自分で作れるという点が使用者にアピールしているようです。

最近になってこの方法が日本に紹介され、自分でワックスを作ってムダ毛処理に使っている人が出てきました。

シュガーリング脱毛に使うワックスは「シュガーワックス」と呼ばれます。

その材料と使う量は——

・砂糖(グラニュー糖)……450g
・水……450ml
・レモン汁……60ml(レモン2個分)

これらを鍋に入れ、約25分煮詰めるだけ。冷ませば出来上がりです。材料も作り方も見た目も、ジャムそっくり。

あとはこれを部位に伸ばし、布を貼り付けた上ではがせば、ムダ毛の処理ができます。

刺激の強い薬剤を使わないため、肌へも優しいシュガーリング脱毛。これから自己処理法の主流になるかもしれません。

平塚の人気脱毛サロンランキングTOPへ

陰毛の脱毛

脱毛のメリット

陰毛の脱毛にはどんなメリットがあるの?

最近の脱毛サロンの広告では、「VIO脱毛」ができることを売りにしていることが多いようです。

VIOとは一言でいえばアンダーヘア、陰毛のこと。サロンではさらに施術の部位として3つに分けています——

・Vライン(ビキニライン)
・Iライン(女性器の両側)
・Oライン(肛門の周辺)

脱毛に興味のない人は「こんなところを処理してもらうの?」と不思議に思われるかもしれませんが、実はわきの下に続いて、脱毛したい部位の第2位となっています。

それほど人気のある陰毛脱毛ですが、以下のようなメリットがあります——

・生理中のニオイやムレが減少する
・毛先が肌に当たることによるチクチクやかゆみがなくなる
・露出度の高い水着や下着を着用できる

また、自己処理の必要がなくなることもメリットのひとつ。剃ったり抜いたりしているとどうしても刺激のせいでメラニンが活性化し、デリケートゾーンが黒ずんでしまいますが、脱毛によってそれがなくなり、美しい皮膚になります。

ただ、メリットばかりではありません。デメリットもいくつか存在します。

デメリットのなかで1番厄介なのは、施術中の痛みが激しい、という点。ネットの口コミ投稿者の中には「熱い剣山で刺される感じ」という表現をしている人もいます。デリケートゾーンといわれるだけに、どうしても痛みを感じやすいようです。

あと、新しくできた彼氏に「変な趣味があるのか?」「風俗で働いていたのでは?」と疑われる場合もあり、「説明に苦労した」という口コミも投稿されていました。

「陰毛脱毛を経験したい」と思われる人は、以上のメリット・デメリットを考慮しながら、施術を受けるべきです。

所沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛って実際いくら位するの?

脱毛処理をしてもらう

脱毛処理をしてもらうと料金はどれくらい?

最近はプロによって脱毛処理をしてもらう女性が増えてきました。
雑誌などでは必ず脱毛の広告が載っていて、需要の高さをうかがわせます。

ただ、「お値段がいくらぐらいなのか分からない」という方も多いでしょう。

そこで脱毛を行っているサロン、医療クリニックの両方について、その施術費用の相場がどれくらいなのかをチェックしてみました。

まずは脱毛サロン。有名な脱毛サロン計20社から、それぞれ部位ごとの平均料金を出してみたところ——

・全身……164,700円
・ワキ……16,833円
・顔……41,033円
・VIO……58,633円
・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円
・足(ヒザ上)……56,300円
・足(ヒザ下)……55,100円
・背中(上下)……71,600円
・うなじ……19,000円

という結果になりました。

そして医療クリニック。こちらも口コミの投稿の多いクリニック20社の平均価格です——

・全身……401,945円
・ワキ……14,825円
・顔……131,325円
・VIO……67,975円
・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円
・足(ヒザ上)……108,750円
・足(ヒザ下)……100,500円
・背中(上下)……91,917円
・うなじ……57,250円

以上の結果で分かる通り、クリニックでの施術の方がサロンよりもずっと高くなっています。特に顔の脱毛などは、クリニックで行うとサロンの3倍以上の料金です。

ただクリニックだと、サロンではできない永久脱毛が可能。
値段と効果を考えて、自分に合った方を選ぶべきでしょう。

平塚の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンでの1回だけ行っても効果はない?

「体験コース」

脱毛サロンでの1回だけの施術には効果があるの?

多くの脱毛サロンでは、無料、あるいは格安の料金で脱毛ができる「体験コース」が設けられています。
このコースを申し込めば、1回だけ実際の施術を受けられ、脱毛というのがどういうものなのか分かるようになっているようです。

サロンでの脱毛処理に関して知識のない人は、「1回だけでも効果があるのでは?」と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

脱毛サロンで行っている光脱毛(フラッシュ脱毛)というのは、わきの下などの部位に間を置いて光を照射させていくことで、だんだん生えてくる毛を減らしていくというものです。つまり1回だけで毛がなくなるというわけではないのです。

体毛には毛周期というものがあります。
これは「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を繰り返しながら、体毛を古いものから新しいものへ生え変わらせるサイクルのこと。

成長期というのは文字通りムダ毛が成長していく時期で、退行期は成長が止まって脱毛する時期。そして休止期は毛が肌の下にあって見えない時期を指します。

毛というのは目に見えるものを処理すればいいというわけではありません。1回だけ施術してもやがて潜んでいた毛が伸びてきて、結局すぐにムダ毛が生えることになってしまうのです。

そうならないように処理を行うには、毛周期を考慮しながら2ヶ月から3ヶ月おきに光を照射していく必要があります。つまり、完了するまでには脱毛サロンへ何度か通わなければいけないわけです。

その回数はどれくらいかというと、大体10回ほど。
ですから、1回だけの体験コースでは満足できる結果にはほど遠いことになります。

平塚の人気脱毛サロンランキングTOPへ